カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳梗塞 >
  5. もしも脳梗塞の発作が起きたら

気になる病気・症状

もしも脳梗塞の発作が起きたら

 

 

 万が一、大切な家族や周りの人に脳梗塞の発作が起きた時の対処法をまとめました。

 

脳梗塞の発作かなと思ったら

1、すぐに救急車の手配をしましょう。

 

2、慌てずに119番「救急です」と電話する。

  伝える内容
  ①現在地
  発作を起した人の氏名、年齢、性別
  ③発作が起きたのはいつ・どこで・何をしている時に、どのようにだったか
  ④発作後に脈や呼吸はあるか、呼吸の状態(いびきがある、呼吸が弱い)、

   けいれんしているか、嘔吐しているか、意識はあるか(呼びかけたり、つねる

   と目を開けるかなど)
  ⑤発作を起こした人の病歴(高血圧の有無や服用している薬の名前)

 

3、現在地の電話番号を伝え、電話を切る。
  対処法がわからない場合は、電話で指示してもらいましょう。
  携帯電話の場合は、電話番号を伝え、電波が入る場所にいましょう。

 

 

救急車が来るまでにすること

1、安全な場所へ移動する
①事故などの危険を防ぐために、布団やマットなどに寝かせた状態で、救急隊員が処置しやすい、広くて安全な場所に首が曲がらないように注意しながら移動させましょう

 屋外の場合は、風通しの良い日陰に移動させましょう。

 

*発作を起こした人に意識があり、歩けそうでも立たせないでください。立たせることで脳の血流量が減少してしまいます。


*移動させたあと、発作を起こした人の頭の下に枕をあてると、あごが下がり、気道が塞がれてしまうので、枕はやめましょう。


  
②ネクタイやベルトといった体を締め付けるものを脱がせる
 ネクタイ、ベルトなどを緩め、シャツの襟元を広げましょう。シャツが前開きにならない場合は、前をはさみで切ってください。

 靴下・時計・眼鏡・入れ歯などをしている場合は外しましょう。
   

③吐いたときは横向きに寝かせる

 嘔吐物で気道が塞がれないように麻痺が見られる側を上にしましょう。もしくは、首がどちらかに曲がっていれば、その側を下向きにして横向きに寝かせましょう。

 吐いたときは、指先などにガーゼやハンカチを巻きつけて口の中をきれいに拭き取りましょう。この時に口の奥まで入れないように気をつけましょう。


④呼吸が苦しそうな場合
 呼吸が苦しそうな場合は、タオルや座布団を背中に入れて、顎が上がるようにしましょう。 

 

 

発作が起きたときは、慌てずに救急車を手配し、救急車が来るまでできる限りの処置をしましょう。  

 

  

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/28-374591.php?category=171)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳梗塞に関する記事

「首を鳴らす」と脳卒中の危険性?~椎骨動脈と血栓の形成について

近年、脳卒中のひとつの原因として挙げられているものに『頸部のキャビテーション(...

脳卒中後も身の回りの事を自分で自分でできる!片麻痺の代償動作とは?

脳卒中になって片麻痺になってしまったら、片手で自分の事をするなんて無理、想像...


高次脳機能障害で利用できる社会資源

高次脳機能障害と診断されたら…。なんだか聞いたことがない障害だし、見た目には...

危険!喫煙で脳卒中のリスクが増大!!

  日本の脳卒中患者数は、2013年現在で250万人以上と言われています。...

カラダノートひろば

脳梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る