カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳梗塞 >
  5. 脳卒中は危険だとは知っているけどどんな病気なの?~脳卒中の基礎知識~

気になる病気・症状

脳卒中は危険だとは知っているけどどんな病気なの?~脳卒中の基礎知識~

 

 

 脳卒中は脳の血管が詰まったり、血管が破れて出血するといった脳血管のトラブルにより、突然色々な症状が現れるすべての状態のことです。


脳卒中はどんな病気なのかまとめました。

 

脳卒中って何?

・脳卒中は血管障害によって「出血性脳卒中」「虚血性脳卒中」に分かれます。

 

脳卒中の前触れ

言葉のもつれ、ふらつき、物が二重に見える、片方の目がかすんで見えにくくなったり、暗くなって見えなくなることがあるといった症状が一つでもあれば神経外科や脳外科を受診してください。

 

脳卒中の原因は?

肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症が危険因子です。

 
 

脳卒中の症状

・脳のどの部位が障害されたかで症状が変わってきます。

 

運動障害、感覚障害、意識障害、視野の障害、言語障害、感情障害、記憶障害といった症状があります。

 

出血性脳卒中とは?

・出血性脳梗塞は、脳の血管が破れて出血した状態です。

 

・出血性脳卒中の2大原因は「脳出血」「くも膜下出血」です。

 

脳出血

・最大の原因は高血圧です。脳の動脈に長期間に渡って高い圧力がかかると、血管の壁がもろくなります。また、もろくなった動脈が部分的にふくれあがり、破裂、噴き出した血液で周りの脳細胞が破壊されます。


・発作の前触れと言われる高血圧にはっきりとした自覚症状がなく、突然発作を起こすことが多いです。

 

・発作は、日中の活動時や入浴の前後、精神的なストレスがかかった時、興奮した時に起こります。

 

・重症の場合、意識を失い、そのまま死に至ったり、後遺症が残ることがあります。

 

くも膜下出血

・脳卒中で1番死亡率が高い

 

・治療は一刻を争います。

 

女性に多く見られます


・原因は、脳の動脈の一部が膨らんでできた「こぶ」の破裂です。

 

・こぶが動脈にできたものを「動脈瘤」こぶが脳の動脈にできたものを「脳動脈瘤」といいます。

 

・症状は、突然起こる激しい頭痛、吐き気があることもあります。

 

・年齢に関係なく、若い人でも血圧や血流による負荷で動脈瘤ができ、過労や運動時の血圧上昇で動脈瘤が破れ、くも膜下出血が起こります。

 

虚血性脳卒中って何?

・脳の血管が詰まることで、脳細胞の酸素不足や栄養不足になり、脳が部分的に障害されます。酸素や栄養が不足した脳は、虚血性脳卒中を起こします。

 

・虚血性脳卒中の原因は「脳梗塞」で、血管が詰まって、脳細胞が部分的に死んだ状態です。

 

脳梗塞

・最大の原因は高血圧です。他にも40歳以上、脂質異常症、糖尿病、喫煙が主な危険因子です。他にも遺伝、感染症、A型性格、ストレス、運動不足も危険因子です。

 

・男性に多く見られます。

 

・脳梗塞は血管が詰まる原因によって、ラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞、心原性脳梗塞症に分かれます。

 

 


昭和初期では、脳出血が多かったですが、CTやMRIの検査機器の普及、生活習慣の変化によって、現在は減少しています。最近では、脳卒中の2/3が脳梗塞を占めています。
脳卒中は生活習慣の改善などで予防できます。

 

気になる症状があれば、脳神経外科や神経外科を受診してください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/25-379461.php?category=186)

 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳梗塞に関する記事

高次脳機能障害のリハビリテーション~生活訓練・職能訓練~

高次脳機能障害は、決められたスケジュールで動き、何か出来事があれば医療者から...

もしも脳梗塞の発作が起きたら

     万が一、大切な家族や周りの人に脳梗塞の発作が起きた時の対処法を...


心臓疾患が原因で起こる心原性脳梗塞って何?

     脳梗塞は血管が詰まる原因によって、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳...

脳梗塞の前兆を知って対処しよう!

  脳梗塞は血管が詰まるタイプの病気です。 脳の血管に問題が起きる病気には脳...

カラダノートひろば

脳梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る