カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

痰熱による不眠

 

 

 

 不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。

寝付きが悪い、ちょっとしたことで眼が覚めると言った軽症のものから、一晩中寝ることが出来ないといった重症の不眠まで様々です。

 

東洋医学の古典にも“眼不瞑”“不得眠”“不寝”といった記述が見られます。

 

 

痰熱による不眠

食生活が不摂生になると胃腸を損傷して食べ物が滞ります。これが長期になると余分な水分である痰が生じ、そこから痰熱が生じます。

痰熱によって胃の調子が落ち、痰熱が生命活動をつかさどる神志に影響すると不眠になります。

 

 

症状

○不眠、眠りが浅い、夢をよく見る、よく目が覚める

飲食物が停滞する事によって痰熱が生じ、それが上亢して乱れることによって起こります。

 

○胸ぐるしい、胃のつかえ感、げっぷ

飲食物や痰湿が胃に阻滞し、胸部に上亢して乱れる事によって起こります。

 

○目まい

痰熱が身体の中心部に阻滞し、清い陽気が上がらず、汚れた陰気が降りないことによって起こります。

 

 

治則(治療方針) 

化痰清熱:痰を取り除き、熱を冷まします。

 

和胃安神:胃の機能を回復させて、精神状態を安定させます。

 

 

治療に使うツボ

○中脘(ちゅうかん)

胃の募穴です。募穴はその臓腑の気が多く集まるツボです。

 

豊隆(ほうりゅう)

胃経の絡穴です。絡穴はその経絡の慢性的な症状に使われます。

 

○内関(ないかん)

身体の内側からの関所です。悪いものを外に出すには、関所を開けなければいけません。 

 

○厲兌(れいだ)

胃経の井穴です。井穴は心下部の膨満感に対して効果的です。

 

○隠白(いんぱく)

脾経の井穴です。脾は胃と共に消化機能に関与しています。

 

 

まとめ

痰熱が原因で不眠になっている人は、健康的な食生活を行い胃腸の働きを正常に戻すことで不眠を改善できます。

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/26-370371.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

眠気に関する記事

感情が臓器に悪影響を及ぼす?!肝火が原因で起こる不眠について

     不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付きが悪...

不眠症とサヨナラ!ツボ押しで今日からぐっすり安眠

  不眠症状に効果的なツボに安眠(あんみん)というツボがあります。睡眠に自信が...


不眠に対して現代的鍼灸はどんなツボを使うの?

   不眠とは、眠りたいのにも関わらず満足に眠ることができずに苦痛を感じる...

心脾両虚による不眠

  不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付きが悪い、ちょ...

カラダノートひろば

眠気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る