カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 感音性難聴 >
  5. 感音性難聴とは一体何?

気になる病気・症状

感音性難聴とは一体何?

そもそも難聴とは、聞こえないというよりは、聞こえづらいといったほうがいいと思います。
難聴も種類によって、何が原因でどんな音が聞き取りづらいのかが変わります。
大きく分けて二つの難聴について比べてみましょう。

 

感音性難聴と伝音声難聴の違い

●感音性難聴

神経性の難聴です。内耳でうまく音を信号に変えれない、音の信号が脳へ伝わらない事で起こります。
音量に関係なく、聞きづらいということがあります。

 

●伝音性難聴

外耳道に何らかの症状があらわれている時に起こります。大抵は薬や手術等で聞こえる様になることが多いのです。
脳へ伝える神経は故障していない為、音量や音質によって聞こえないということがあるようです


厄介な感音性難聴について


音量に関係があまりないため、補聴器をつかっても改善しません
耳の中までは正常に言葉が入ってきていますが、それを変換し、脳へ伝える信号が正常でない為、その言葉が脳へ伝わっても何を言っているのか分らないということです。
つまりパソコンで言葉を打つまではよくても、変換し、漢字が違えば意味が伝わらないといった事とよく似ています。


感音性難聴と伝音性難聴を併発している、混合性難聴の場合も同じです。補聴器である程度は聞こえるようになりますが、脳への信号が異常なため伝わりません。

そして感音性難聴は、今のところ積極的な治療方法がありません

 

~突発性難聴~

感音性難聴に分類されている突発性難聴ですが、同じように治療方法がありません。
原因としては、ストレスやウイルスではないかと言われていますが、はっきりした断定ができません。
突然耳が聞こえなくなった後、めまい、吐き気、嘔吐の症状が現れたりします。
徐々に緩和することもあれば、緩和しないこともあります。
緩和した後にまた再発することはほとんどありません。再発した場合は、違う病気を疑った方がよいでしょう。

今のところの研究では、静にすることステロイド治療をすることで緩和出来るのではないかといわれています。
原因が断定できない病気の為、確実に上記の事を行ったとしても完治するとは限らないのです。


突然耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りやめまいの症状がいくつか併発した場合は、必ず耳鼻科を受診しましょう。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/05/02-018593.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感音性難聴に関する記事

放っておくと完治が難しいことも…感音性難聴を伴う病気にはどんなものがあるの?

  感音性難聴は音を聞き取る部分に問題があるのではなく、音をとらえる部分に問題...

感音性難聴の治療~人工内耳を使ってもOKな場合、NGな場合

  耳の奥にある内耳やその奥の神経に問題があるのが感音性難聴で、感音性難聴の治...


感音性難聴を見つけるための主要な3つの検査を知ろう

  感音性難聴とは聴覚障害の一種で、耳のより奥にある内耳や聴覚中枢までの部位に...

子どもの感音性難聴に要注意!

   そもそも感音性難聴は何でしょう? 聞こえないというよりは、聞こえづ...

カラダノートひろば

感音性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る