カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 塩素の発がん性って?発がん性物質のひとつ「トリハロメタン」

ガン・悪性腫瘍

塩素の発がん性って?発がん性物質のひとつ「トリハロメタン」

swimming-15301_640.jpg
塩素は漂白剤や消毒剤として使われていますが、もともとはその毒性を利用するということが多かったようです。
世界で最初の化学兵器が塩素を利用したものでした。
そして塩素はがんとも関係があるということがわかっています。

●塩素が生み出すトリハロメタンとは


トリハロメタンとは発がん性物質のひとつで、塩素殺菌を行っているときに発生します。
トリハロメタンを摂取することで、がん以外にアトピーの悪化肝臓の疾患にも影響を及ぼすことがわかっています。日本の浄水場でも塩素殺菌を行っていますが、そこでもトリハロメタンは発生しています。
ただし、塩素殺菌をすることで伝染病を防ぐことも出来るので、塩素に害ばかりがあるというわけでもありません


●プールの塩素の影響

幼いころに、プールの中で溶けかけた塩素の錠剤を探す遊びをしたことがあるという方もいるかもしれません。
プールの殺菌のために使われる塩素でも、がんリスクと呼吸作用への影響をもたらす可能性がある、ということがスペインの研究チームの研究で明らかになりました。
プールで使う塩素の量については、今後日本でも議論が交わされると予想されます。


●塩素の発がん性の予防


塩素の発がん性は、明らかに健康に大きな影響を及ぼすというわけではありません。
上記のスペインの研究所は、プールについて『塩素の量を減らせば、プールで行う運動効果によって健康をもたらす可能性もある』としています。
水道水のトリハロメタンが心配な場合、煮沸消毒浄水器を使用することで、ある程度除去することが出来ます

 
(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/09/19/swimming-15301_640.jpg)

著者: 桜井さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

がん検診に行っていますか?とても低いがん検診受診率…

  がん検診の案内が来たりはするけれど、実際にがん検診に行ったことはいない方も...

4倍も!アメリカ人は日本人より喫煙が原因の癌になりやすい?

がんのリスクについてもその他の健康リスクについても、海外と日本では状況が異なりま...


コレステロールや胆汁酸の活性化 も?!ポリフェノールの効果は抗酸化作用だけじゃない!?

   ポリフェノールは果物や野菜に含まれる色素のもととなるものであり、今までは...

『深夜業やシフト勤務』『昼夜逆転生活』が発癌リスクを高める!

  概日リズムが破綻すると、発がん率が大きく上昇する?   近年、京都...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る