カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. 眠気 >
  5. 心脾両虚による不眠

健康診断・健康管理

心脾両虚による不眠

 

不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。

寝付きが悪い、ちょっとしたことで眼が覚めると言った軽症のものから、一晩中寝ることが出来ないといった重症の不眠まで様々です。

 

東洋医学の古典にも“眼不瞑”“不得眠”“不寝”といった記述が見られます。

 

 

 心脾両虚による不眠

過度の思慮、心労、過労によって心や脾は損傷されます。

心が損傷され陰血が損耗すると、心の精神作用である神志を主れなくなります。

また、脾が損傷され気血がうまく生成出来なくなると、心をうまく栄養出来なくなり、心神不安となって不眠が起こります。 

 

 

症状

○不眠、寝付きが悪い(入眠困難)、夢を見る、目が覚めやすい、心悸、健忘

脾は血を作り、心は血を主ります。心脾両虚になり血を栄養出来なくなり起こります。

 

○多汗、精神疲労

気が足りなくなる(気虚)ことによって、衛気という気の機能が落ちて起こります。

 

顔色がさえない

気が足りなくなる(血虚)ことによって、顔面部を栄養出来なくなり起こります。

 

○上腹部のつかえ

脾の運ぶ機能(運化作用)が低下して起こります。

 

 

治則(治療方針)

健脾養心:脾を正常な状態に戻し、心の気血を補います。

 

補益気血:気血を十分に栄養します。

 

 

配穴(治療に使うツボ)

○百会(ひゃくえ)

全ての経絡が集まる頭頂部のツボです。気を大きく動かすことができます。

 

○心兪(しんゆ)

心の兪穴です。兪穴とは、その臓腑の気が注ぐツボです。

 

○脾兪(ひゆ)

脾の兪穴です。

 

○神門(しんもん)

心の原穴です。原穴とは、その経脈の気が多く集まるツボです。

 

○足三里(あしさんり)

脾と表裏関係にある胃のツボです。腹部の気を動かす作用があります。

 

○三陰交(さんいんこう)

足の三本の陰経が交わるツボです。血は陰性です。

 

 

まとめ

 考え過ぎは脾胃に悪影響を及ぼします。

ストレスでお腹が痛くなるようなタイプの人は要注意です! 

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/06/18-363526.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

眠気に関する記事

受験生必見!目の覚めるツボ

  *カテゴリー的には逆なのかなと思いましたが眠気をコントロールすることに間違...

どうしても眠気に勝てない…!そんなときのツボ教えます!

「今日は2時間しか寝ていないから後で眠くなってしまうかもしれない」と思うとき、...


痰熱による不眠

       不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付きが...

不眠症とサヨナラ!ツボ押しで今日からぐっすり安眠

  不眠症状に効果的なツボに安眠(あんみん)というツボがあります。睡眠に自信が...

カラダノートひろば

眠気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る