カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. 眠気 >
  5. 心腎不交による不眠

健康診断・健康管理

心腎不交による不眠

 

 

 

不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。

寝付きが悪い、ちょっとしたことで眼が覚めると言った軽症のものから、一晩中寝ることが出来ないといった重症の不眠まで様々です。

 

東洋医学の古典にも“眼不瞑”“不得眠”“不寝”といった記述が見られます。

 

 

心腎不交による不眠

房事過多(性交渉過多)、長期的な慢性病によって腎の陰を損傷すると、心腎相交(心と腎はお互いに補いあい助け合っている)の肝経が失調して心腎不交となります。

臓腑に悪影響を及ぼす感情が強くなり過ぎる五志過極によって心の火が亢進し、心腎相交の関係が失調して心腎不交になります。

心腎不交によって心の精神作用である神明(意識)が影響を受けて不眠になります。

 

 

症状

○不眠、少し眠ると目が覚める、早期覚醒、夢を見る

腎の陰が不足して、心と肝の陽(火)を押さえきれなくなり、熱が心の精神作用の神に影響して起こります。 

 

○四肢や頭部のほてり(五心煩熱)、寝汗

本来はバランスの取れている陰と陽ですが、陰の気が弱くなり陽の気(火)を押さえきれなくなって陽(火)が燃え上がり起こります。 

 

○目まい、耳鳴り、健忘

腎のエネルギー(腎精)が不足して、中枢神経を栄養出来なくなって起こります。

 

○腰・膝のだるさ

心腎不交、腎精不固(貯めれない)によって起こります。

 

 

治則(治療方針) 

滋陰降火:陰の気を補充して、燃え上がった火を下ろします。

 

陽心安神: 心の陽を調えて、精神作用を安定させます。

 

 

配穴(治療に使うツボ)

○大陵(だいりょう)

心包経の原穴です。心包は心を守る東洋医学的な臓器で、原穴はその臓腑の気が多く集まるツボです。

 

○太渓(たいけい)

腎経の原穴です。

 

○神門(しんもん)

心経の原穴です。

 

○三陰交(さんいんこう)

足の3本の陰経が交わるポイントです。

 

○太衝(たいしょう)

肝経の原穴です。

 

 

まとめ

心腎不交になる方は、全体的に体力が落ちている虚弱体質になっている方が多いです。

あまり身体に負担がかからないように気をつけましょう。 

 

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/07/25-366066.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

眠気に関する記事

不眠症とサヨナラ!ツボ押しで今日からぐっすり安眠

  不眠症状に効果的なツボに安眠(あんみん)というツボがあります。睡眠に自信が...

授業中や会議中に眠気が…!ツボ押しで睡魔撃退!

  授業中や会議中に睡魔におそわれても、その場で立ち上がって体を動かしたり、堂...


痰熱による不眠

       不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付きが...

どうしても眠気に勝てない…!そんなときのツボ教えます!

「今日は2時間しか寝ていないから後で眠くなってしまうかもしれない」と思うとき、...

カラダノートひろば

眠気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る