カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. 眠気 >
  5. 不眠に対して現代的鍼灸はどんなツボを使うの?

健康診断・健康管理

不眠に対して現代的鍼灸はどんなツボを使うの?

 

 不眠とは、眠りたいのにも関わらず満足に眠ることができずに苦痛を感じる事です。

 

日本人の5人に一人が睡眠問題に悩んでおり、持続性の不眠症を抱える人は人口の10%以上、習慣的に睡眠薬を服用している人は約3%ほどいます。

 

 

鍼灸の効果が出やすい不眠症

過労や環境の変化による一過性のもの 

 

○身体的な苦痛が原因の不眠で、その原因を取り除くことができるもの 

 

鍼灸の効果が出にくい不眠症

脳・心・腎疾患や薬物中毒、精神病によるものはあまり効果を期待できません。

 

 

治療

心身の過労や神経症の場合が多いので、神経過敏を鎮めるようなツボを使います。

 

頭頂部にある全ての経絡が交わるツボである百会を使います。

 

他には風池、厥陰兪、心兪、肝兪、腎兪、などを使います。

 

○便秘や胃腸障害がある場合

背部なら膈兪脾兪を、腹部なら巨闕、上脘、梁門、中脘を、足の足三里や、手の内関を使い胃腸の機能を調整します。

 

 

特効穴

経絡には属さないですが特に不眠に効果のあるツボとして知られているのが安眠失眠です。

 

安眠穴は耳の後ろにあり、呼吸にあわせてゆっくりと鍼刺激を入れます。

 

失眠血は踵にあり、熱感を感じるまで灸をします。

 

 

頭部の浮腫(むくみ) 

不眠症の方は頭皮部の血行が悪いために、浮腫んでぶよぶよしています。浮腫部に対して刺鍼して低周波通電を行い血行を改善させます。

 

 

注意

必要な睡眠時間は人によって違います。また体調や季節によっても変わり、歳を取るにつれて必要な睡眠時間も短くなってきます。

あまり睡眠時間の長短にこだわらずに、スッキリ起きれているか、昼間に眠気がないかを判断基準にしましょう。

 

 

まとめ

原因疾患がなく不眠になっている方は、鍼灸治療で全身の調整をしてみるといいかも知れません。

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/05-037373.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

眠気に関する記事

耳ツボ刺激で眠気対策

 耳にはたくさんのツボがありますよね。心臓や、胃腸、子宮など耳一つに全身のツボが...

受験生必見!目の覚めるツボ

  *カテゴリー的には逆なのかなと思いましたが眠気をコントロールすることに間違...


心腎不交による不眠

      不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付き...

痰熱による不眠

       不眠とは常に睡眠が不足していると感じるものです。 寝付きが...

カラダノートひろば

眠気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る