カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 病院 >
  5. 治療の進め方 >
  6. 内視鏡検査や病理検査など…がんを診断する4つの検査について

ガン・悪性腫瘍

内視鏡検査や病理検査など…がんを診断する4つの検査について

blood-20219_640.jpg

がんを発見するための検査方法は1つではありません。
いくつかの検査を行ったうえで、がんと診断するというのが基本です。
がんの検査方法を見てみましょう。


●血液検査


血液検査はがん以外の病気の診断にも用いられることが多いです。
がんにかかった人と健康な人とでは、血液中の物質に違いが出ます。
がんの人だけに見られる血液中の物質を『腫瘍マーカー』と呼んでいます。
腫瘍マーカーの結果は、がんかどうかを判断するための最初の基準になりますが、腫瘍マーカーが見つかったからといって必ずがんとは限りません。
がん以外の病気でも腫瘍マーカーが出る場合があるからです。

●画像検査


超音波検査、X線検査などが含まれます。
画像を見ることによって、どこにがんがあるかというだけではなく、がんのステージなども判断することが出来るので、より詳しい検査と言えるでしょう。
血液検査よりも時間と手間がかかるので、体への負担はやや大きいです。


●内視鏡検査

胃カメラを想像するとわかりやすいです。
レンズがついている管を体内に入れて、実際に体の内部を見ながら検査していきます。
がんが見つかった時には病理検査を行います。
血液検査、画像検査よりも更に体への負担が大きく、検査前には食事制限があります。

●病理検査


がんの診断で必須とされている検査です。
体の中で変化が起きているところを実際に採取、そして検査するというものです。
採取とはいっても手術のような大々的なものではないので安心してください。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/32/blood-20219_640.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療の進め方に関する記事

がんで用いられる画像診断

  がんにかかっているか判断する方法の一つに画像診断があります。 画像診...

がん検診はどのくらいの頻度で受けるべき?

日本人の死亡原因の第1位となっているのががんです。がんを防ぐためには予防、そして...


がんの存在や種類、量などを判定できる?!腫瘍マーカーについて

  腫瘍細胞は遺伝子の異常によって正常細胞が作らない物質や、微量しか作られ...

がんには遺伝性腫瘍がある?遺伝カウンセリングを受けてみよう!

がんには遺伝性腫瘍というものもあります。遺伝性腫瘍は家族性のがんで、もともとがん...

カラダノートひろば

治療の進め方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る