カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 除去食 >
  6. 除去食と代替食の違いって?

アレルギー

除去食と代替食の違いって?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。

原因となる食物を取り除いた食事のことです。

 

ただ、実際に学校などで食物アレルギーの子への対応を見ていると除去食の他に代替食というものもあります。

除去食と代替食の違いを見ていきます。

 

除去食と代替食

除去食も代替食もアレルギーの原因となる食べ物を除去しているのは同じです。

目的も同じで、アレルギー症状の発現を防ぐ目的で作られた食事を指しています。

 

では、何が違うのかというと調理の方向性です。

除去食の場合は原因となる食物を除くだけですが代替食の場合は原因となる食物の代わりに食べられる食物を使って調理します。

 

どちらを選べばよいの?

例えば食物アレルギーのお子さんが学校に入学するときにどちらを選べばよいかわからないという場合もあるかもしれません。

 

実は学校における除去食・代替食の導入及び体制は地域、個別の学校によってかなりの違いがあります。

除去食が用意できる学校もあれば用意できない学校もあるのです。

 

代替食についても同じです。

場合によっては自宅から除去食を持ってきて食べるということもあるので入学前に相談しておくことが必要です。

 

また、子どもの場合は年齢とともにアレルギーが治る可能性もあるので基本的には学年が変わるごとに診断書を必要とすると言われています。

 

除去食と代替食の違いはアレルギー源を除去するだけなのか、代わりに何かで補うのかという違いだけです。

アレルギー症状の発現を防ぐ目的は同じです。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

アレルギーの方は気をつけて!食品表示に気をつけてアレルゲンを遠ざけよう!

    アレルゲンとは、食物アレルギーを引き起こす原因となる物質の事です。 ...

ピーナッツは消化されにくい!?ピーナッツアレルギーの特徴とは?

ピーナッツを食べた彼女とキスをしたらアナフィラキシーショックを起こしたという...


気をつけて!表示されていなくてもアレルゲンは入ってる?!

     徹底してアレルゲンの除去をして良くなっていたのに急に蕁麻疹が出てく...

花粉症の人は果物アレルギーに要注意?!

     子供のころは大丈夫だったのに、大人になってから急に果物アレルギーを...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る