カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 病院 >
  5. 治療 >
  6. 喘息に運動療法ってあるの?

アレルギー

喘息に運動療法ってあるの?

 

病気の治療法のひとつに運動療法があります。
生活習慣病関連では特に運動療法にスポットライトが当たることも多いのですが、喘息の場合は運動療法をどのようにすべきかを紹介します。

 

●喘息と運動療法
喘息の症状が出ているとき、つまり発作のときには運動療法は行いません。
というよりも運動できる状態にはないので、運動療法は『行えない』といったほうが適切です。
しょっちゅう発作が起きているような状況のときには運動療法は行わず薬物療法で発作を止めたり長期的に喘息を管理していきます。

 

●症状改善後の運動療法
喘息の症状が徐々に改善してきたら運動療法も取り入れていきます。
その場合も激しい運動は厳禁です。
運動誘発性喘息を引き起こさないためにも自転車や早歩きなど負荷の少ない運動から始めていきましょう。
また、具合の悪い日は無理をしないようにしてください。
少しの運動を長く続けるのが喘息の運動療法です。

 

●運動療法は補助的治療
喘息の症状が軽快したころには運動療法も行われますがあくまでも補助的な治療です。
運動療法を行っている間にも長期管理薬、発作のときの薬は欠かせません。
食事やストレスに気を配るように運動にも気を配るのがおすすめです。

 

喘息治療において運動は軽快期に行われます。
発作が起きるのを防ぎながら軽い運動を行えば心肺機能を高めて発作をさらに起きにくくすることも可能です。
運動療法は長期管理薬などを含めた薬物治療と併用する形で行われています。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/21/19/11/active-84646_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

子供と大人で異なる喘息治療の具体的な目標とはどんなもの?

  喘息の治療は、病院に置いて処方される薬によって気道の炎症を抑えることと、喘...

喘息かな?と思ったら~確定診断までに行われる検査について~

  喘息と判断されるには様々な検査を行います。喘息発作の症状は軽度の症状であれ...


ちぇんと理解していますか??喘息の治療方法について

  喘息になってもどんな風に治療していくのかまったくわからず、不安という方もい...

喘息はいつ治ったことになるの?喘息治療のゴールについて

  喘息は根本治療が難しい病気と言われています。喘息を根本治療する薬はいまだに...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る