カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 喘息・気管支炎 >
  4. 病院 >
  5. >
  6. 喘息の薬に副作用はあるの?

アレルギー

喘息の薬に副作用はあるの?

病気の治療のために薬を飲んでいるが副作用があるのではないか心配だという声もあります。

 

喘息の薬の副作用を見ていきます。

 

●ステロイド薬の副作用

喘息以外にアトピー性皮膚炎などにも使われるステロイド薬ですが、副作用の問題が取りざたされることも少なくはありません。

 

ステロイド剤は大発作を防ぐ、いわば命を守る力があるのですが、治療上あまり大量に服用すべきではないとされています。というのもステロイド薬には高血圧や肥満などの副作用があるからです。

 

よほど病態が重い場合でない限り、何度も全身投与することは少ないでしょう。

 

●そのほかの薬の副作用

喘息の治療上、長期管理薬としても発作治療薬としても使われるのがβ2刺激薬というものです。β2刺激薬の副作用には動悸、手の震え、筋痙攣、頭痛、悪心などがあります。

 

同じように動悸や頭痛を副作用として持っているのがテオフィリン薬です。テオフィリン薬の場合は、胃腸障害が出る場合もあります。

 

このほかに喘息を治療する上で服用する薬の副作用には、喉の渇きや興奮などもあります。副作用がひどい場合には、担当の医師に相談してください。

 

喘息治療薬の副作用の多くは動悸、手の震え、のどの渇きなどです。ステロイド薬に関しては、高血圧などの重い副作用があることから、常用するのは望ましくないと言われています。

 

副作用がひどく、日常生活にも影響を及ぼすようでしたら、一度担当の医師に相談して薬を変えるなどの対応を取ってもらいましょう。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

難知性喘息の新規治療薬「ヌーカラ」、重症発作頻度がプラセボの1/2になったという結果

今年(2016年)の6月に、新規の気管支喘息治療剤(抗IL-5抗体)「ヌーカラ皮...

何だか怖そう・・?吸入ステロイドの気になるところ

  喘息の治療薬は大きく2つにわけられます。一つは気道の炎症を鎮めて喘息発作が...


慢性気管支炎の治療薬にはどんなものがあるの?

  喘息と気管支炎はよく似た病気です。喘息も気管支炎も気管・気道の問題によって...

吸入ステロイド薬と併用する薬

  喘息の長期的な管理を目的とした薬の代表は吸入ステロイド薬です。吸入ステロイ...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る