カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆のうポリープは放置しても大丈夫?がんの進行を防ぐ定期検査

気になる病気・症状

胆のうポリープは放置しても大丈夫?がんの進行を防ぐ定期検査

人間ドックのエコー検査で胆のうポリープが発見されることは少なくありません。基本的に胆のうポリープには症状がないことが多いため、緊急的な治療が必要である場合は少ないですが、がんに進行する場合があるため定期的な検査が大切です。

 

胆のうポリープとは

胆のうの周囲の粘膜面と区別できる、2 cm以下の局所的な粘膜の隆起を胆のうポリープと呼びます。健診や人間ドックでのエコー検査によって発見されることが多く、その頻度はだいたい5~10%です。良性のものがほとんどですが、大きくなって悪性化するものがありますので注意が必要です。

 

胆のうポリープの種類

胆のうポリープには大きく分けて、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープとがあります。腫瘍性ポリープは、粘膜の細胞がたくさん増殖してできます。腫瘍性には良性と悪性(腺がん)があります。悪性化する危険性があるため、腫瘍性ポリープの場合は定期的な検診が非腫瘍性のものより重要と考えられます。

 

性状や大きさによっては治療したほうがよいこともあります。

 

非腫瘍性ポリープはコレステロールポリープであり、最もよくみられるタイプのポリープです。胆汁中のコレステロールエステルが胆のうの粘膜上に沈着してできます。コレステロールポリープがガンになることはまずないといわれています。コレステロールポリープの場合、治療は通過障害などの問題がない場合は必要性は少ないでしょう。

●癌になることも・・胆嚢ポリープの種類

 

定期検査が大切、場合によっては手術

通常、5mm以下の胆のうポリープは1年ごと、6~10mmの胆のうポリープ は半年ごとにエコー検査を行って、経過を観察します。

 

10mm以下の胆のうポリープが大きくなる人の割合は、5年間で3%程度といわれており、良性のコレステロールポリープでも大きくなることがあります。 胆のうポリープが大きくなったり、大きくなるのが速い場合は、検査の期間を短くしたり、詳しい検査を追加したりします。

 

大きさが10 mmを超える胆のうポリープのうち、約25%にがんへの進行が認められます。ですから、10mmを超えるポリープで、悪性が否定できないときは胆のう摘出術を行います。

●胆嚢ポリープはキチンと経過観察を

 

ポリープの性質や大きさによって治療方針や検査も変化しますので、医師とよく相談してポリープとつきあっていきましょう。 

(Photo by : http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆道・胆嚢・膵臓に関する記事

食べ物の嗜好の変化は膵臓のサイン・遺伝性の自己消化急性膵炎による慢性膵炎

 年齢と共に人の身体は衰えていき、それに合わせるように食べ物の好き嫌いも...

胆石症・総胆管結石症とは?胆石症・胆管結石におすすめの食事!十二指腸憩室憩室が発見されたら…?

脂っぽい食事を頻繁に食べていたり、逆に極端に食事を抜くなどで胆嚢に胆汁が滞留...


総胆管拡張症ってどんな病気?基礎知識を知ろう!代表的な3症状とは。合併症~肝機能障害・膵炎

総胆管拡張症とは一体何でしょうか?   総胆管とは胆汁を十二指腸へ送る為...

胆管が詰まる「閉塞性黄疸」、悪性腫瘍が原因のことも!治療方法とは

いくつかのタイプがある「黄疸」ですが、その中でも胆管がなんらかの原因により詰...

カラダノートひろば

胆道・胆嚢・膵臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る