カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

虚秘タイプの便秘

 

 

 

 

便秘とは、便が固くなり出ない、便を出すのに時間がかかる、便意はあるのに便が出にくい、といった排便に困難をきたした状態の事を言います。

 

東洋医学では便秘の事を秘結といいます。 

秘結になるのは、伝導の官と呼ばれ飲食物のカスを運ぶ作用(伝導作用)がある腸が失調を来たすからです。

 

 

虚秘

病後や産後で気血が回復しないと、気虚(気不足)のために伝導無力となり、また血虚(血不足)のために腸が潤いを失い便秘が起こります。

老化によって気血が不足した場合も同じように便秘が起こります。

 

 

気虚(気不足)によって起こる症状

○便意はあるが排便困難

肺は気を主どり、脾は運行(運化)を主どっています。肺脾気虚によって大腸の伝導機能が無力となって便秘になります。

 

○ 排便時に汗が出て息切れする 

肺気虚によって体表部の気がゆるみ汗が出て息切れします。

 

顔色が白い、倦怠感、脱肛

脾虚のために気血が充実しないために起こります。

 

 

血虚(血不足)によって起こる症状

○長期間の便秘・排便困難

血虚のために腸が潤いを失って起こります。

 

○顔色につやがない、めまい、口唇が淡白

血が顔面部を栄養出来ないために起こります。

 

 

治則(治療方針) 

寛腸通便:腸の気の流れを良くして、便を通す。

 

理気導滞:気を補充して流れを良くします。

 

補気益陰:気と血を補って元気にします。

 

 

配穴

 ○天枢(てんすう)

大腸の募穴です。募穴とは、その臓腑の気が集まるツボです。

 

上巨虚(じょうこきょ)

大腸経の下合穴です。下合穴とは、足部にあり、その腑の遠隔治療に使われるツボです。

足から熱を流すために使います。

 

○足三里 (あしさんり)

四総穴の一つで、足三里は腹部の治療によく効くツボです。

また胃経の合土穴でもあり、のぼせを取ることができます。

 

○脾兪(ひゆ)

脾の兪穴です。兪穴とは、その臓腑の気が注ぐツボです。

 

○胃兪(いゆ)

胃の兪穴です。

 

○関元(かんげん)

下腹部にあり、元気を蔵するツボです。

 

○三陰交(さんいんこう)

足に流れる3本の陰経が交わるツボです。血を補い、陰を栄養する働きがあります。 

 

 

まとめ

虚弱体質の方がなりやすい便秘です。身体に負担がかからないように気をつけましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/03/03-034337.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便秘に関する記事

便秘に対する現代医学的な鍼灸治療

     鍼灸治療でツボを刺激する事によって便秘を改善することができます。 ...

便秘になりやすい胃下垂の人必見のツボ

胃下垂の人は便秘になりやすいと言われます。よく、「胃下垂だといくら食べても太ら...


ストレス便秘に押したいツボ

  1回の排便の量が非常に少なかったり、排便してもすっきりしなかったりすること...

あなたの便秘は合谷(ごうこく)の指圧で改善するかもしれない

  人差し指と親指の骨の合流地点にできたくぼみに合谷(ごうこく)というツボがあ...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る