カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺性心 >
  5. 心肥大や心不全を起こす!?肺性心ってどんな病気?

気になる病気・症状

心肥大や心不全を起こす!?肺性心ってどんな病気?

 

肺性心とは?

肺性心とは、何らかの肺に疾患があり、肺の機能が悪化することで心臓に負担がかかり、心肥大や心不全を起こしてしまう状態のことです。


肺に病気があると、酸素をうまく取り込めず、血流の悪化につながります。

頑張って血液を送り出そうと頑張る右心室に、過度な負担がかかってしまい肥大、または機能を失ってしまうのです。

この状態を肺性心といいます。

 

肺は生命に不可欠な酸素を取り入れ、血液へ送る役目。

右心室は、全身をめぐり二酸化炭素を多く含んだ血液を、ガス交換するため肺へ送り出す役目です。

生命を維持するための二つの臓器が機能しなくなってしまう、とても怖い病気です。

この病気は主に、慢性の肺の病気によるものが多いようです。
肺血栓塞栓症の場合は、重篤な症状が現れやすく、呼吸困難意識消失を起こします。
この場合は急性肺性心と呼びます。


症状

咳、痰、疲労感、喘鳴、呼吸困難、酸素不足によってチアノーゼが現れる、むくみや浮腫が現れます

呼吸困難やチアノーゼは進行してきたら現れる症状のようです。


初期段階は、が一般的です。風邪と間違えやすく、重症化することもしばしあります。

 

CTや心臓超音波、心電図等で右心室の異常が見受けられます。
この病気は心臓の異常ではなく、肺ですので、治療は肺を優先的に行われます。
それから、右心にかかった負荷を取り除く為の処置も行われます。
利尿薬や強心剤、血管拡張剤などを使用するようです。

 

怖い肺性心は急性肺性心!

 

一番怖い肺性心は急性です。
肺に疾患のある覚えがないのに、呼吸困難や意識喪失を起こした場合は、急性肺性心が疑われます。早急に処置が必要です。
肺性心は、慢性閉塞性肺疾患の死因の4分の1を占めています。
異常が見られたらすぐに病院を受診しましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/13-376329.php?category=10)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺性心に関する記事

「肺高血圧」に注意!肺性心の人の塩分制限量はどれくらい?

肺性心の方の体の中では肺高血圧が起きています。肺の血流が悪くなることで右心室...

「肺高血圧」と関わりが深い「肺性心」の原因となる3つの病気とは?

肺性心とはどんな病気かというと、肺における血流が悪くなる病気です。肺に対して...


肺性心の初期症状にはどんなものがあるの?

  肺性心は心臓の右室拡大、右室不全を共にする病で、肺動脈性肺高血圧症や慢性閉...

慢性肺性心を引き起こす病気、COPD!

  慢性肺性心を引き起こすCOPD 肺性心とは簡単に言うと、肺の病気が原...

カラダノートひろば

肺性心の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る