カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肝斑 >
  5. 肝斑ってどんなシミ?~年齢と共に現れる女性の肌の悩み~

美容・ダイエット

肝斑ってどんなシミ?~年齢と共に現れる女性の肌の悩み~

 

 

 

肝斑の特徴

肝斑は、頬骨の辺りや目尻下辺りに左右対称で現れるシミです。

シミはどこでも現れますが、肝斑は左右対称であることが最大の特徴で、これによって肝斑かどうかを見分けることができます。

アジア人女性に多く、妊娠や経口避妊薬(ピル)などの服用で現れやすいため、女性ホルモンが関係していると言われています。

30代から40代になると特に現れやすく、普通のシミとは原因や治療法が異なるので、普通のシミと勘違いして間違ったケアをしていたのでは、一向によくなることはありません。

 

肝斑ができる原因

シミは紫外線などの肌へのダメージで出やすくなります。

しかし肝斑は、シミの原因である紫外線だけではなく、妊娠やピルの服用など女性ホルモンも関係していると言われています。

実際、妊娠を経験した30代から40代の女性の発症年齢が非常に高く、妊娠を期に症状が悪化したりすることから、スキンケアや紫外線対策を十分に行っていても、現れてしまうことがあります。

 

また、ストレスも大きな原因のひとつと考えられていて、妊娠出産とそれに伴うストレスから、30代から40代に多く発症するということに繋がっていると言われています。

 

肝斑の治療法

肝斑の治療法は飲み薬です。一般的なシミがレーザーなどの治療で改善効果があるのに対して、肝斑はレーザー治療を行ってしまうとかえって悪化させてしまう恐れがあります。

トラネキサム酸が肝斑には効果があるとされていますので、トラネキサム酸を主成分とした薬を服用すると良いでしょう。

特に最近では、これらの肝斑に効く医薬品が多く販売されていますので、ドラックストアや薬局で探してみましょう。

服用する薬は医薬品ですので、使用上の注意をよく読み正しく服用することと、スキンケアや紫外線対策なども行い、シミができにくい肌を作り、悪化させないよう心がけましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201246photo286post-2026.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝斑に関する記事

肝斑の治療には内服薬が効果的

  肝斑には内服薬が効果的     肝斑は、最近聞かれるようになった...

傷跡の色素沈着は「ヘパリン類似物質」で消すことができる!?

怪我やニキビなど炎症が起こった後、傷跡が色素沈着を起こすことがありますね。これ...


肝斑はシミとは違う!スキンケアではなく治療が必要!

  肝斑は女性ホルモンに影響   女性は肌ケアに日頃から気をつけている...

どうにかしたい顔のシミ!!肝斑を含むシミの治療法について

    肝斑とシミの違いって? 一般的なシミは紫外線などによる肌へのダメー...

カラダノートひろば

肝斑の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る