カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肝斑 >
  5. 肝斑に効果的な治療法って?

美容・ダイエット

肝斑に効果的な治療法って?

 

 

 

どういうものが肝斑?肝斑だと判断するには

肝斑はシミですが一般的なシミとはちょっと違います。

一般的にできるシミが紫外線などによる肌へのダメージによりできるものであるのに対して、肝斑は紫外線ダメージだけでなく、女性ホルモンの影響を大きく受けているからです。

紫外線対策を十分に行っていたり、美白のスキンケアを行っているにもかかわらず、30代を過ぎたころ特に、妊娠や出産を期にシミが多くなってきたと感じるならば、それは肝斑かもしれません。

また肝斑の最大の特徴である、目尻下や頬骨近くに左右対称にシミができているならば、肝斑の可能性はさらに高くなります

しかし、実際それが肝斑であるかの正式な判断は、病院へ行って診断を受けたほうが確実です。

肝斑の特徴が見られたのであれば、自己判断せずきちんとした診断を受けるようにしましょう。

 

肝斑の効果的治療

肝斑は一般的なシミの治療に効果的であると言われている、レーザー治療は向きません。

間違った治療法を行うとかえって症状を悪化させることもありますので注意が必要です。肝斑は、内服薬で治療するのが一番効果的です。

色素沈着制御効果を持つトラネキサム酸を主成分に、ビタミンCやハイドロキノンなどを組み合わせた内服薬が効果的でしょう。

紫外線ダメージや女性ホルモンの影響など様々な要素が組み合わさり肝斑となっている場合があるので、病院で診断を受け、処方された内服薬が一番効果的であると思います。

しかし、様々なケースの肝斑があるので、治療法がひとつであるとは限りません。

 

肝斑治療の効果

病院で処方された肝斑内服薬の服用や、市販されている薬の治療で効果が発揮されるのは、服用から4週間から5週間くらい経ってからです。

その症状の度合いによっても違ってくるので必ずとは言い切れませんが、大体4,5週間位で効果が現れてくると思っていて良いでしょう。

 

しかし肝斑治療の効果が現れても、その下に隠れていた一般的なシミが表面に出てきて、症状が改善されていないと勘違いしてしまうこともあります。

肝斑と一般的なシミの違いを見極めて、肝斑治療を行うようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201353photo158post-2889.html])

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝斑に関する記事

諦めるにはまだ早い?内服薬治療が効かない肝斑にはレーザー治療も

  肝斑の内服薬治療が効果がなかった場合     肝斑は、一般的なシ...

どうにかしたい顔のシミ!!肝斑を含むシミの治療法について

    肝斑とシミの違いって? 一般的なシミは紫外線などによる肌へのダメー...


傷跡の色素沈着は「ヘパリン類似物質」で消すことができる!?

怪我やニキビなど炎症が起こった後、傷跡が色素沈着を起こすことがありますね。これ...

肝斑ってどんなシミ?~年齢と共に現れる女性の肌の悩み~

      肝斑の特徴 肝斑は、頬骨の辺りや目尻下辺りに左右対称で現れる...

カラダノートひろば

肝斑の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る