カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. TIA(一過性脳虚血発作)を起こした人の予防対策 脳梗塞再発のリスクやその防止とは?

気になる病気・症状

TIA(一過性脳虚血発作)を起こした人の予防対策 脳梗塞再発のリスクやその防止とは?

手足の麻痺やしびれ、手足がうまく動かせないといった症状を感じ、神経外科や脳外科の検査で「TIA(一過性脳虚血発作)」と分かったら、本格的な脳梗塞にならないように治療を行います。

 

TIAを起こした人の予防対策をまとめました。

 

なぜ、予防治療を行うの?

・脳梗塞を起こした人の3人に1人がTIA(一過性脳虚血発作)を経験しています。

また、TIA(一過性脳虚血発作)のあった人の約30%が5年以内に本格的な脳梗塞が起こっているため治療が必要です。

 

TIA(一過性脳虚血発作)の予防対策

食事療法

・TIA(一過性脳虚血発作)の最大の原因は動脈硬化です。TIA(一過性脳虚血発作)の予防には動脈硬化の進行を防ぐ必要があります。

・動脈硬化の進行を防ぐためには減塩、糖分・脂肪の少ない食生活に変える必要があります。

・高血圧・糖尿病、脂質異常症がある人は、病気に合わせた食生活に変えましょう。

 

薬物治療

・血栓ができるのを防ぐために抗血小板薬(オザグレル、アスピリン)の服用を続けましょう。

・アスピリンは脳梗塞の治療では、血小板同士の結合や活発を促す物質を抑えます。ただし、胃炎や胃潰瘍などの消化性胃潰瘍、アスピリンアレルギーの悪化といった副作用があります。服用時の注意点は、アスピリンジレンマといって、摂取濃度が高いと逆に血栓を作りやすいので、医師の指示に従ってください。

・チクロピジンは、血小板同士の結合を誘発する物質の活性を抑えます。ただし、胃炎、下痢、貧血、発熱、腎機能障害、白血球減少といった副作用があります。服用時の注意点は、副作用の白血球の減少に注意して、服用3~4ヶ月は定期的な血液検査が必要です。

 

水分補給

・血液の濃度が濃くなると、血管がつまりやすくなります。

脱水は炎天下での運動、気温が高い日(33℃以上)、下痢、就寝中などで起こります。

・水分補給は、1日の尿量(約1.5L)が目安になります。夏場には汗をかいた分も補給してください。

・運動、下痢や嘔吐のあとは脱水症状になりやすいので、胃腸に負担のかからない温かい飲み物で水分補給してください。

・就寝前、入浴前後にはコップ1杯の水を飲みましょう。

・水分補給は、ジュースやコーヒー、紅茶ではなく、水かお茶にしましょう。

 

食事療法・薬物療法・水分補給をして、脳梗塞を予防しましょう。

 

お酒と上手に付き合って脳梗塞予防、再発防止

脳梗塞の予防と再発防止にはお酒の頻度や量との関わりが重要です。

お酒との付き合い方をまとめました。

 

お酒の効果って何?

お酒は百薬の長と言われ、適量であれば血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やす効果やリラックス効果があります。

ただし、お酒は利尿作用があるので、飲み過ぎると脱水を起こしやすくなります。脱水になると血液の濃度が増し、血栓ができやすくなります。

また、飲みすぎはお酒からのカロリーの取りすぎになるので、肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの病気にも影響がでます。

 

お酒の目安量

お酒の適量は、1日の平均純アルコールで約20g程度のことです。

それぞれの飲み物に換算すると以下の通りになります、

ビール     :中瓶1本(500ml) 約200kcal

日本酒     :1合(180ml) 約185kcal

ウィスキーダブル:1杯(60ml) 約135kcal

ワイン     :2杯(240ml) 約175kcal

焼酎      :1杯(90ml)約140kcal

 

お酒を飲む時に気をつける事

①週に2~3日は休肝日をつくりましょう。

②決めた量以上のお酒はテーブルに置かない

③食べ物を食べながら飲みましう。何も食べずにお酒を飲むと肝臓に負担がかかります。

④お酒やおつまみのカロリーに注意しましょう。

⑤酔って飲み過ぎたり、食べ過ぎてしまう人は、禁酒しましょう。

 

どんなおつまみがいいの?

おつまみは、肥満防止のため塩分が多い干物、コレステロールが多い肉の加工品、魚卵、揚げ物、もつ料理はやめましょう。

 

大豆・大豆製品

(冷奴、湯豆腐、枝豆、納豆、高野豆腐の煮物)

 

魚料理

(はまち、いわし、鯖、さんまといった青魚の刺身や焼き魚、たいなど白身魚の刺身)

 

酢の物

(きゅうり、わかめ、もずく)

 

野菜

(野菜スティック、おひたし、ノンオイルドレッシングを使ったサラダ)

 

といった低カロリーのものがお勧めです。

 

 

お酒の飲みすぎは、脳梗塞の再発、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった病気に影響があります。

お酒と上手に付き合って、脳梗塞の予防や再発防止をしましょう。

 

再発は1年以内が多い!脳梗塞の再発

脳梗塞の再発の頻度や再発の怖さをまとめました。

 

脳梗塞の再発は1年以内が多い!

脳梗塞は、発症から1年間で約6.5%が再発しています。

 

タイプ別で言うと、

1位 心原性脳塞栓症 約9%

2位 アテローム血栓性脳梗塞 約7.6% 

3位 ラクナ梗塞 約5.2%

が再発しています。

また、脳梗塞発症後10年間で約16.8%が脳梗塞を再発しています。

 

前回とは別の場所の再発が多い

再発は、前回と同じ場所の血管が詰まるよりも、新たに別の血管が詰まることが多いと言われています。また、脳梗塞が再発する場合は、一度発症したタイプと同じタイプの脳梗塞が多いです。

 

再発の怖さ

脳梗塞の再発が怖いと言われているのは、初めて発症した時よりも、脳梗塞が再発して梗塞部位が広がることによって、脳の障害が広範囲になり、症状が重症しやすいからです。また、

脳梗塞の再発に多いのは、

 

・認知症や仮性珠麻痺といって左右の脳に障害が起こることで食べ物をうまく飲み込めなくなる嚥下障害

・うまくものが話せなくなる構音障害が強くなる

・片麻痺が重度になったり、体の両側に麻痺が起こり、運動神経が低下して寝たきりになる

 

ということもあります。

 

脳梗塞の再発は1年以内が最も多いと言われています。

脳梗塞を再発させないためには

 

・禁煙、リハビリなど体力にあった運動を続ける

・薬の服用をする

・充分な睡眠をとる

・水分補給をこまめにする

・禁酒もしくは節酒する

・栄養バランスのとれた食事をする(肉より魚を食べる、ビタミンやミネラルを多く取る、塩分やカロリーの高い食事を控える。)

 

年1回は定期検査を受診して脳と血管の状態を調べてもらう、家族の脳梗塞への理解といったことが大切です。

 

「首を鳴らす」と脳卒中の危険性?~椎骨動脈と血栓の形成について

近年、脳卒中のひとつの原因として挙げられているものに『頸部のキャビテーション(首をポキポキ鳴らす)』があります。首の横部分には『椎骨動脈』という椎骨にまとわり付くように位置した動脈があり、首を鳴らすことで、この血管が傷つき、血栓を生じて脳卒中を起こす可能性があるというものです。

 

また、個人ではなくても専門のカイロプラティックによる施術を受けてもこのリスクは高まるという論文があり注意が必要です。

 

椎骨動脈とは?

椎骨動脈は、総頚動脈(内頚動脈:首の横を走り脳へ繋ぐ太い動脈)の傍を走る脳へ栄養するための重要な血管のひとつです。この動脈は左右一対づつあるのですが、頚椎に直にくっついて脳まで上行し、脳底動脈にまで合流しているので、頚椎の影響を受けやすいとされています。

 

<なぜ首を鳴らすと危ない?>

上記のような構造となっており、頚椎の関節を「首を鳴らす」ことで衝撃を何度も与えると、血管が傷ついて血栓をできやすくする可能性があります(ある鍼灸院のウェブサイトでは以下のように説明されています)。

■物理的刺激

衝撃・摩擦など物理的な刺激は血管組織を傷つける可能性がある。

 

■血管内部の傷

血管の内部に傷がつくことで、その部分が変性し血栓形成に繋がり、動脈硬化が促進される。

 

■キャビテーションの影響

マッサージやキャビテーションによって、椎骨動脈に生まれた血栓が流れた場合、脳塞栓となる可能性がある。

静脈の場合は、動脈よりもさらに壁が脆弱なため、物理的刺激によって影響を受けやすい(血栓ができやすい)。

 

 

一般的に、個人によって「首を鳴らす」ことは危なく、カイロプラティックなどによる専門の施術であれば安全であると言われますが、アメリカの心臓病学会の報告によれば、「45才未満で脳卒中を起こした人の統計データでは、一週間以内にカイロプラクティックで施術(首鳴らしを伴う)を行った人は、行っていない人より5倍リスクが高かった」というデータが報告されています。医院選びには十分注意する必要がありそうです。

 

危険!喫煙で脳卒中のリスクが増大!!

日本の脳卒中患者数は、2013年現在で250万人以上と言われています。

今後は、高齢者の増加に伴い、2020年には300万人を超えると予測されています。

脳卒中は日本人の死亡原因の3位に入っており、脳卒中の中でも脳梗塞が最も死亡率が高い病気です。

脳梗塞は動脈硬化、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙が危険因子だと言われています。

 

脳卒中を予防をするための禁煙の必要性についてまとめました。

 

喫煙指数を計算してみましょう

・喫煙本数が多いほど、脳梗塞の発症率は高くなります。喫煙の危険度を知る喫煙指数を計算してみましょう。

喫煙指数=1日に吸う本数×喫煙年数

喫煙指数が400を超えると、脳梗塞、心筋梗塞、肺がんの危険度が高くなります。

 

喫煙が良くない理由

・タバコを吸うと、血液中の悪玉コレステロールや赤血球が増え、血液の粘度が増して動脈硬化を悪化させます。

・タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、血圧をあげます。

・タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、脳に運ばれる酸素の量を減らします。

・タバコは脳梗塞、くも膜下出血、心筋梗塞、肺がん、咽頭がん、食道がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリスクを高めます。

・たとえ本人が吸っていなくても家族や周りに喫煙者がいる場合、脳梗塞のリスクは喫煙者と変わりません。

 

節煙は効果がありません

・ニコチンやタールの少ないタバコに変えても、かえって本数が増えてしまうことがあるので節煙では脳梗塞の予防には不十分です。

 

禁煙するには

・禁煙外来を定期的に受診する。

・禁煙外来でニコチンパッチを処方してもらう。

・薬局などでニコチンガムを購入する。

・禁煙することを家族や友人など周りの人に宣言し、監視してもらう。

・手元にあるタバコ・ライター・灰皿をすべて処分する。

・タバコを吸う人の近くにいかない。

・お酒の席でタバコを吸いたくなる人は、酒席に行くのをやめる。

・脂っこい食事はタバコを吸いたくなるので、食べる頻度を減らす。

・タバコを吸いたくなったら水やお茶を飲んで気を紛らわせる。

・タバコを吸いたくなったら歯磨きやうがいをする。

 

禁煙することで、脳梗塞だけではなく、心筋梗塞や肺がんといった病気も予防できます。

また、家族や友人を受動喫煙による脳梗塞からも予防してくれます。

1日でも早く禁煙しましょう。

 

脳梗塞予防にアロマで質の良い睡眠をしてみませんか?

脳卒中の発作は強いストレスを感じた時に起きやすいと言われています。

ストレスのコントロールは、生活習慣の改善と規則正しい生活を送ることだと言われています。

その中でも生活のリズムをつくる睡眠は、ストレスに負けない心身を作ってくれます。

寝付きを良くするにはイライラやストレスをやわらげて、リラックスをすることが大切です。

心地よい眠りやストレスに効果のあるアロマをまとめました。

 

アロマオイル使用上の注意

・飲んだり、口に入れたりしない。

・原液を皮膚にぬらない。

・パッチテストをする。

・乳幼児や妊婦は使用法に気をつける。

・アロマオイルの保管は冷暗所にする。

 

ストレスに効果のあるアロマオイル

・イランイラン

甘いフローラル系の香りで、気持ちを落ち着かせ、ゆったりとした気分にさせてくれます。

 

・ラベンダー

アロマテラピーで最もよく使われるエッセンシャルオイルの一つです。リラックス効果があり、視神経の疲れをやわらげてくれます。

 

・ローズ

バラの香り。ネガティブな感情を解消し、心に幸福感をもたらす効果があります。

 

・レモンバーム

レモンに似た爽やかな香りです。心を穏やかにし、明るい気持ちにさせてくれます。

 

寝付きを良くしてくれるアロマオイル

 

ラベンダー

・心身をリラックスさせる脳内物質であるセロトニンの分泌を促し、不眠の改善に効果があります。

 

クラリセージ

・マスカットに似た甘い香りです。精神安定作用があり、神経の高ぶりだけではなく、気分の落ち込みにも効果があります。寝付きをよくしてくれます。

 

ゼラニウム

・ミントのような清涼感のある香りとバラに似た甘い香りを併せ持っています。ストレスや緊張をやわらげ、寝付きを良くします。

 

ベチバー

・土のような独特な香りです。鎮静効果が高く、不眠の改善に使われます。ぐっすり眠りたい時に使用してください。

 

入浴やスチーム浴で効果アップ

入浴

・40℃位のやや熱めの湯に精油を1~5滴たらし、よくかき混ぜてから入浴します。キャリアオイル(ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、グレープシードオイル、マカダミアナッツオイルなど)やはちみつなどを大さじ1~2杯一緒にゆに入れると、乳化剤の役割をして、肌への負担を減らせます。

 

スチーム浴

・洗面器に湯気が立つくらいの熱めの湯を入れて、アロマオイルを1~3滴たらします。バスタオルを頭からかぶり、目を閉じて湯気を顔全体に10分程度当てます。その間はゆっくり鼻で呼吸しましょう。湯気が立たなくなったら途中で熱い湯を足してください。

 

 

アロマオイルは気に入らない香りだと効果が得られにくいので、購入する際は必ず自分の好みの香りか確かめてください。

また、アロマオイルは必ず専門店で購入してください。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/11-376286.php?category=188 )

 

***

ビタミンをたっぷりとって脳梗塞予防を!効果のあるビタミンと多く含まれるおすすめ食品

脳梗塞の原因である動脈硬化の促進を予防してくれるビタミンを多く食べることが、脳梗塞の予防や再発防止をしてくれます。動脈硬化の予防、脳梗塞の予防や再発防止に効果のあるビタミンをまとめました。

 

脂溶性ビタミン

◆ビタミンA

ビタミンAに含まれるβカロテンは抗酸化作用があり、動脈硬化の原因の一つである活性酸素の除去を促してくれます。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、緑黄色野菜などは油で炒めて食べると吸収率がupします。また、ビタミンE、ビタミンCと一緒に食べると抗酸化作用がupします。

 

ビタミンAを多く含む食品

モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、春菊、小松菜、にら、青梗菜、かぼちゃ、いちご、パパイア、みかん、オレンジ、マンゴー、鶏の肝臓、豚の肝臓、あんこうの肝、甘海苔、青のり、玉露、抹茶。

 

◆ビタミンE

抗酸化作用があり、善玉コレステロールを増やしたり、動脈硬化予防や血行促進にも効果があります。

 

ビタミンEを多く含む食品

あんこうの肝、モロヘイヤ、アーモンド、うなぎの蒲焼、アボカド、かぼちゃ、ほうれん草、赤ピーマン、はまち、ひまわり油、コーン油、さんま、いわし。

 

水溶性ビタミン

 

◆ビタミンC

 

抗酸化作用があり、フリーラジカルを排除して動脈硬化の進行を抑えます。また、血管の弾力を保つ働きがあります。

水に溶けやすく、加熱に弱いので生のままで食べるのがお勧めです。

ビタミンEの抗酸化作用をupさせる働きがあるので、一緒に食べると吸収率がupします。

 

ビタミンCを多く含む食品

いちご、グレープフルーツ、キウイフルーツ、グァバ、ネーブルオレンジ、さつまいも、赤ピーマン、ブロッコリー、菜の花、芽キャベツ、かぼちゃ、カリフラワー、小松菜、ほうれん草、ゴーヤ。

 

◆ビタミンB群

最近、肝臓で合成されるアミノ酸の一種であるホモシステインが、動脈硬化の進行や脳梗塞の発症に関わっていることが分かりました。

ビタミンB群(葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12)が不足すると、ホモシステインが血液中に増えて、動脈硬化を進行させるので、たっぷりビタミンB群をたべて、ホモシステインが増えないように注意する必要があります。

 

ビタミンB群を多く含む食品

ビタミンB6

カツオ、マグロ、サケ、サンマ、牛レバー、サバ、バナナ、イワシ、鶏ササミ、鶏レバー

 

ビタミンB12

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、カキ、シジミ、アサリ、サンマ、ニシン、いわしの丸干、ハマグリ、サバ

 

葉酸

菜の花、枝豆、モロヘイヤ、春菊、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、いちご、マンゴー、オレンジ、グレープフルーツ、アボカド、パパイヤ。

 

果物はビタミンが多く含まれていますが、食べすぎはカロリーや糖分のとりすぎになるので、食べる量に気をつけましょう。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/06/20-379337.php?category=186 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳・神経に関する記事

てんかんの原因は頭部の打撲!?

  てんかんと聞くと、生まれつきの病気のイメージが強いかと思います。一般的...

痛いってホント?髄膜炎検査 ~髄膜炎の症状から予防・治療まで~

髄膜炎は髄膜に細菌が入り込むなどの原因で炎症が起きる病気です。髄膜炎の疑いが...


脊髄小脳変性症患者必見!~日常で取り入れられる細かい作業のリハビリ~

脊髄小脳変性による症状で、起き上がり、立ち上がり、遠くのもの取る動作、移...

アスペルガー症候群 ~患者の恋愛の特徴とは!?検査や症状など

  恋愛は多くの人が体験するもので、アスペルガー症候群だからといって恋愛にまっ...

カラダノートひろば

脳・神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る