カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. その他 >
  5. 保険・ローン >
  6. うつ病と心臓の病気の関係性

メンタル

うつ病と心臓の病気の関係性

かなり以前から、うつ病の方と心臓病に何らかの関係があるのではないかと言われていましたが、1990年代から、うつ病と虚血性心疾患との合併、あるいは予後調査の疫学研究が積極的に進められるようになりました。

その結果、明らかなリスクの高さが立証され、他の危険因子とは独立した「増悪危険因子」として認識されるようになりました

 

虚血性心疾患とは、

* 狭心症
* 心筋梗塞
* 無症候性心筋虚血

……があり、どれも心臓の冠動脈の動脈硬化・血管の狭窄・血栓形成あるいは攣縮によって、心筋への血流不全をきたす、命をおびやかす病気です。

 

うつ病については気分・感情の障害と同時に様々な自律神経系の身体症状が現れることが知られています。

ある大学病院の心療内科を受診している「うつ病」患者140名の身体症状を調べたところ、うつ病特有の症状といわれる「睡眠障害」「易疲労感」「食欲不振」以外に以下のような症状が確認されたそうです。

 

* 動悸(16.4%)
* 胸部不快感(11.4%)
* 胸痛(3.6%)
* 呼吸困難(3.6%)

 

数字だけ見ると大した事ないようにも見えますが、うつ病患者の場合虚血性心疾患の発症率はそうでない方の1.15~3.9倍という結果が出ており、その死亡率の高さも2.59倍とされています。

 

その上、うつ病が発症した場合、その治療薬の副作用や、心疾患治療薬との併用が難しい場合もあり、心疾患治療が難しいという難点もあるようです。

 

うつ病になると、生命保険に加入できないとされていますが、その理由のひとつに合併症の治療困難があるようです。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/02-364576.php  )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保険・ローンに関する記事

知っておきたいうつ病の方の生命保険問題!~自殺対策基本法について~

  1990年代から、わが国の自殺人口の増加が問題視されはじめました。 特に...

うつ病になった後に保険に加入できるのか?

    うつ病で治療中の場合や、うつ病が完治してから5年が経過していない場合...


うつ病治療薬が自殺の原因?!治療効果も高いSSRIの危険性について

うつ病の治療には、以前より三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬が使われていますが、...

うつ病の人は労災の申請はどうするべき?~精神障害の労災認定~

  うつ病にいたる原因として、過度なストレスがその大きな理由のひとつになります...

カラダノートひろば

保険・ローンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る