カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

手の少陰心経

 

 

 

 

 

身体には正経12経と呼ばれる固有の経穴(ツボ)を持ち特定の経路を通る12本の経絡があります。

それぞれの経絡は六臓六腑に対応しており、他の経絡や組織と複雑に絡み合い連絡し合うことによって、人体の全ての組織は繋がりを持つ事ができ、全体としての統一性を保っています。

 

 

手の少陰心経

正経十二経の一つに手の少陰心経があります。

 

○流注(流れ)

手の少陰心経は心中から起こり、心系に属し、横隔膜を貫いて下り小腸と絡します。

 

○支脈

心系から肺を経て、腋に出て、上腕前内側、前腕前内側、手掌を通り小指外側端に至り、手の太陽小腸経と繋がります。

もう一つの支脈は心系より上行し、喉をはさんで、目にいたります。

 

 

失調すると

手の少陰心経が失調すると、経の属する心や経絡走行上に症状が出ます。

 

心悸、心痛

心は血脈をつかさどっています。心の気血が不足して、拍動する機能に失調が起こるとこれらの症状が出ます。

 

○健忘、不眠

心はそれぞれの臓器が持つ精神作用を統括しているので、心がうまく養われないとこれらの症状が出ます。

 

○のどの渇き、目黄

上行した支脈の経絡走行上に出る症状です。

 

○手のほてりやシビレ

経絡走行上の手や腕の内側に痛みやシビレ、ほてりが出ます。 

 

 

経絡

1、極泉(きょくせん)・・腋窩中央

2、青霊(せいれい)・・上腕二頭筋内側縁、肘の上方3寸

3、少海(しょうかい)・・上腕骨内側上顆の前縁

4、霊道(れいどう)・・前腕前内側、手首の上方1寸5分

5、通里(つうり)・・前腕前内側、手首の上方1寸

6、陰郄(いんげき)・・前腕前内側、手首の上方5分

7、神門(しんもん)・・手首の上、尺側手根屈筋腱の橈側

8、少府(しょうふ)・・こぶしを握って小指頭があたるところ

9、少衝(しょうしょう)・・小指末端

 

特に、精神疾患や心臓疾患には神門耳鳴りや難聴には少海胸痛には陰郄がよく使われます。

 

 

まとめ

経絡の流れを知って経穴を使うとより効果を発揮しやすくなります。局部の症状に対する経穴とその流れで反応の出ている経穴を使うとより治療効果は高まります。

  

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/20-349183.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

手の太陽小腸経は小腸と関係アリ!

      身体には正経12経と呼ばれる固有の経穴(ツボ)を持ち特定の経路...

イライラに効く神門(しんもん)

  ストレス社会と言われる現代は、神経症などの精神疾患を患う人が増えています。...


手の陽明大腸経

       身体には正経12経と呼ばれる固有の経穴(ツボ)を持ち特定の経...

お腹を下すような風邪にはこのツボを

 風邪にも色々あります。よくテレビのCMでも「あなたは鼻から?のどから?」という...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る