カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺塞栓症 >
  5. きちんと理解しておこう! エコノミークラス症候群は肺塞栓のひとつ!?

気になる病気・症状

きちんと理解しておこう! エコノミークラス症候群は肺塞栓のひとつ!?

エコノミークラス症候群とは?


長時間飛行機に乗り、立ち上がった拍子に倒れ死亡したという悲しいニュースをよく聞きませんか?
この症例をエコノミークラス症候群といいます。そして、この病気は肺塞栓の一つです

実はエコノミークラス症候群を起こして亡くなった方は、この死に関連する持病は持っていなかったと言われています。


肺塞栓とは?


肺塞栓という病気は、肺の動脈に血液の塊がつまってしまう病気で、あまり知られていませんが、死亡率は心筋梗塞と同じくらい高いのです。

血栓は主に腰より下の脚で作られることが多いようです。

この血栓という血液の塊が、血液の流れに沿って心臓に到達し、その後更に血流に沿って肺へと到達します。

肺でつまると肺の血管が収縮します。呼吸困難等になり、生死に関わる重篤な症状を起こしてしまいます。

血栓は出来やすい人や出来にくい人がいます。

体質的に血栓が出来やすい人は、薬で固まりにくくする薬を処方されたりもします。

 

しかし肺塞栓の中でも、突然健康な人が亡くなるエコノミークラス症候群について予防法を説明します。

 

なぜこのエコノミークラス症候群が起こるのでしょうか?


高度1万メートル上空の機内の湿度はとても低く、10時間で1リットルもの水分が体から蒸発します。
このことで、血液がドロドロになり血栓ができ、つまってしまいます

ヨーロッパ、アメリカなど主要都市に行くとなると、日本から10数時間飛行機に乗ることは多々あります。
予防出来る病気なので、飛行機などの乗り物に長時間乗る時は注意しましょう。

 

エコノミークラス症候群にならない為に気をつけること

 

1.水分を十分にとりましょう(コーヒーやアルコールは避けましょう)
2.1時間ごとに立ち上がり、少し歩きましょう
3.足を動かしましょう(足首を回したり、膝を曲げ伸ばししたりしましょう)
4.きつい洋服は避けましょう
5.足は組まないようにしましょう

 

又この病気は、飛行機だけではありません、最近ではタクシー運転手もこの症状で亡くなりました。

身近なところに危険は潜んでいます。
上記の事に気をつけるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/01/26-375645.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺塞栓症に関する記事

高齢者・寝たきりの人は要注意!肺塞栓症の予防法を紹介

  肺塞栓症は肺の動脈が何らかの原因(主に血栓)でつまることで引き起こされ、エ...

肺塞栓症ではそれぞれの症状に合わせた治療法を!

  肺塞栓症は医師が診断を下すのに苦労する疾患です。診断が確定すれば治療が行わ...


確定診断の難しい肺塞栓症~どのような検査が行われるのか?~

  肺塞栓症は原因不明とされる死亡の内、最も多いとされる原因の一つです。それほ...

入院の際は要注意!肺塞栓

  肺塞栓とは? 肺塞栓という病気をご存知ですか? あまり聞き慣れない病...

カラダノートひろば

肺塞栓症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る