カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. RSV感染症 >
  6. 聞きなれない…RSV感染症とは?子供がかかりやすい冬に流行する感染症

気になる病気・症状

聞きなれない…RSV感染症とは?子供がかかりやすい冬に流行する感染症

RSV感染症とは

あまり聞いたことない病気ですが、RSV感染症とは冬に流行する感染症の一つです。重症化する恐れのある怖い病気で、特に子どもがかかりやすく、ひどいものになると肺炎を引き起こしたりします。

 

乳幼児は免疫力や体力も低いため、感染すると重症化する可能性が高いのです。RSV感染症自体の致死率は1~3%と言われていますが、他の病気との合併した場合は致死率が上がります。

 

心臓病との合併の場合、致死率は、40%もあるそうです。RSV感染症は、感染力が非常に高く、免疫力がつきにくいのが特徴です。免疫力がつきにくいため、何度も感染する厄介な病気なのです。

 

RSV感染症にかかったら

・潜伏期2~8日

・症状は、発熱や鼻水、咳などの風邪の症状

・ひどくなると呼吸困難になる、睡眠や食事が十分にとれなくなる

このような症状が一般的です。

 

中でも一番怖いのが、このRSV感染症になると、3割ほどが肺炎や細気管支炎を発症します。この病気に対する予防の為のワクチンはまだありません。予防方法は手洗いやうがいしかありません。

 

アメリカではRSV感染症の患者がとても多く、毎年数千人規模で亡くなっています。認可治療薬はリスクが高い薬ですが、唯一の治療薬として、基礎疾患を持った子どもに限定して使用されています。

 

しかし日本では毒性が強いため認可されていません。早くこのRSV感染症に対する治療薬やワクチンが開発されてほしいものです。

 

免疫力を高める・手洗い・うがいで、このRSV感染症から子どもたちを守りましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

RSV感染症に関する記事

寒い冬の時期は要注意!RSV感染症の受診から治療までの流れ

  RSウイルスによるRSV感染症は寒い冬の時期に多く起こる感染症で、発症の中...

RSV感染症は細気管支炎に注意!子供がかかりやすい冬に流行する感染症

RSV感染症とは? 冬に大流行するインフルエンザはみなさんよく知っているでしょ...


RSV感染症の気になる症状

  RSV感染症はRSウイルス感染症と書かれることもあり、RSウイルスによる乳...

RSV感染症から子どもたちを守る!冬に流行する感染症について

  RSV感染症は冬に流行する感染症の一つです。適切な治療を行わないと、重...

カラダノートひろば

RSV感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る