カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 初期は症状が全くない!子宮頸がんとは?

女性のカラダの悩み

初期は症状が全くない!子宮頸がんとは?

image.jpg

■子宮体がん(子宮内膜ガン)とは?


婦人科のガンで最も多いのは子宮ガンです。子宮ガンは「子宮頸ガン」「子宮体ガン」に分けられます。

子宮体ガンは子宮内膜ガンとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。

一方、子宮腟部や頸管の上皮から発生したガンが子宮頸ガンです。

また、成人になると子宮はくぼんだ西洋梨状になります。その子宮の筋肉に発生する病気の子宮肉腫とは異なります。

同じ子宮のがんであっても、「子宮体ガン」「子宮頸ガン」は、診断・治療・予後においてすべて異なります。
子宮体ガンと子宮頸ガンはまったく別の病気だと考えてください。

子宮頸ガンは、ガンができる組織により大きく「扁平上皮ガン」と「腺ガン」、またこの2つが混合した「腺扁平上皮ガン」に大別されます。

扁平上皮ガン

子宮頸部は扁平上皮細胞という細胞で覆われており、この扁平上皮細胞にできるがんを「扁平上皮がん」といい、子宮頸がん全体の8割を占めています。

腺ガン

子宮頸部の粘液を分泌する腺細胞(扁平上皮よりも子宮体部寄りにある組織)にできたがんを言います。
最近特に若い女性を中心に腺がんが増加しています。腺がんは扁平上皮がんに比べて検診で発見されにくいため、日本だけでなく世界においても腺がんの比率は増えているのが現状です。
また、腺がんは発見されにくいだけでなく、扁平上皮がんに比べると治療が難しいとされています。


 子宮頸がんの症状は?


初期の子宮頸がんでは、全く症状がないのが普通です。婦人科の症状がなくても、30歳のころから(結婚している場合は25歳くらいからでも)、2年に1回子宮がんの検診を受けることをお勧めします。

少し進行するとはじめの症状として、月経でない時の出血、性行為の際の出血やふだんと違うおりものが増えたりします。また、月経の量が増えたり長引いたりすることもあります。


 検査は?


子宮頸ガンの検診は、まず内診(ないしん:腟内に手指を挿入し、子宮を触診する)し、子宮の形状や大小の変化を調べます。

それから、細胞採取のために綿棒、ブラシ、小さな木のスティックなどを使って、子宮頸部の外側と腟を丁寧にこすり、細胞診テストを行います。

 治療は?


子宮頸がん(しきゅうけいがん)の治療法には、主に手術療法、放射線治療、化学療法(抗がん剤による治療)があります。

がんの進み具合やがんの部位、年齢、合併症の有無などによって治療法を決定します。初期のがんであれば、妊娠の希望を考慮することもできます。

ごく初期の子宮頸がんであれば、子宮頸部の異常な組織を取り除く「円錐(えんすい)切除術(せつじょじゅつ)」のみで治療が可能です。これは、子宮頸部をレーザーや高周波メス(電気メス)で円錐状に切りとる手術です。

円錐切除術は子宮を摘出しないため、術後に妊娠・出産が可能です。
進行したガン(がんが子宮頸部の表面(上皮)を超えて広がっている場合)は原則として子宮の摘出が必要となります。

また、手術の前にがんを小さくすることを目的に抗がん剤を使用したり、放射線治療の効果を高めるために放射線治療と化学療法を同時に行ったりすることもあります。


(Photo by //magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00000463)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

ワクチン、ピル、食事…子宮頸がん予防にするべきこととは?

    自分でガードしましょう!   女性の、特に若い世代の女性が感染す...

妊娠・出産の可能性まで奪うことがある!子宮頸がん検診を受けよう!検診の流れについて

  子宮頸がんは、性交との関連が強いとされ、性交回数が多い人、妊娠・出産回...


セックス時の出血で見つかる子宮頸がんとは?

  セックス時に出血して、それが止まらなかったり、さらに出血量が増えてきた...

性交渉などで感染!発病率が高い「子宮頸がん」について

       「がん」だけど「性感染症」   女性特有の「がん」であり...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る