カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 「小豆ほっかいろ」が頭痛を救う?

頭痛

「小豆ほっかいろ」が頭痛を救う?

頭痛のなかでももっともポピュラーな緊張性頭痛。症状としては、首筋が張る、首がこる、後頭部の鈍痛などが現れます。症状が長期的に続くことが特徴です。

 

原因は?

ストレス・不安・うつ・寝不足・生活環境の変化によって引き起こされやすくなります。

 

注意点

長期的に続くため、市販薬を飲み続けることは危険です。特に消炎鎮痛剤を長期的に飲むと、かえって悪化したり、薬物中毒になる危険性があります。

必ず病院を受診しましょう。

 

緊張型の頭痛の場合は、これといった治療方法がありません。理由は、原因がすぐに取り除かれるものではないからです。この病気は、痛みの緩和をしながら、原因を解決していくという方法をとります。ひどい場合は、病院で緊張を取り除く薬や精神安定剤などを処方してもらいましょう。

 

頭痛の緩和に小豆ほっかいろ

首や肩を温めると血行が良くなり、多少痛みは改善します。お手軽・簡単に患部を温める方法でおすすめなのが小豆ほっかいろです。この小豆ほっかいろは、生理痛や子どもの腹痛などに使われていた、昔のおばあちゃんの知恵の一つです。じんわり温かく、長く続くという優れものです。

 

小豆ほっかいろの作り方

1.不要になった綿のフェイスタオルを四つ折りにし、中に小豆を500グラムいれます。

2.隅を三か所ミシンで縫います。

出来上がりです。電子レンジで温めるので、化学繊維の入ったものは使用できません。

 

頭痛以外にも、腰痛や腹痛、冷え症に使えますよ。やけどするような暑さにはならず、小豆のほんわかな温かみと水分がきもちいいですよ。是非試してみて下さい。

 

緊張型頭痛の症状緩和!「頭痛体操」

 

(Photo by:.foto project)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

音からのリラックスで、緊張型頭痛も解消する!?

    私たちが暮らす環境には、たくさんの音があります。   生活か...

緊張性頭痛とアニマルテラピー

  動物を使ったセラピーをアニマルセラピーと呼んでいます。DVの被害者、心...


肩の筋肉の異常緊張からくる「緊張型頭痛」に効く予防ストレッチ!

    緊張型頭痛とは肩の筋肉の異常緊張からくる頭痛で、肩こりのある中高年に...

姿勢をチェックして緊張性頭痛を防ぐ

    緊張性頭痛は筋肉の緊張からきています。 そんな緊張性頭痛を治すためのヒ...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る