カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 衰弱 >
  4. 症状 >
  5. 要チェック!早期から表れる衰弱の具体的な症状

介護・認知症

要チェック!早期から表れる衰弱の具体的な症状

衰弱とは、筋力低下・歩行速度低下・体重減少・活動量低下・疲労のうち、3つ以上に当てはまる場合を指します。

これら5つの項目は、日常生活の中でどのような症状として表れるのかまとめました。衰弱のチェックポイントとしても参考にしてください。

 

 

筋力低下

全身の筋肉が衰え、日常動作に支障が出ます。

・物を良く落とすようになった

・介助の際、つかまってくる力が弱いと感じる

・同じ場所に立って待つ、座り続けるなど姿勢の保持が難しい

 

 

歩行速度低下

歩く速度が遅くなるのは、歩行機能全般が衰えてきたしるしです。

・歩幅、手の振りが小さくなった

・足を高く上げず、すり足で歩く

・小さな段差、平らな場所でも転ぶ

・歩く姿勢、特に方向転換する時の姿勢が大きく傾いている

 

 

体重減少

食欲の減退、消化機能の低下から体重が減少します。

・目に見えて痩せた

・頭髪や肌にハリが無く、パサパサに乾燥している

・何食か抜いても、空腹を訴えない

・オヤツなど嗜好品にも興味を示さなくなった

 

 

活動量低下

体力・気力の衰えは活動量低下を招き、生活の質も落ちます。

・行動範囲が狭くなり、外出したがらない

・目に力が無く、話しかけても反応が鈍い

・今まで好きだったこと、趣味で続けていたことにも興味が無くなった

 

 

疲労

体力低下から、疲れがたまりやすく、抜けにくくなります。

・日中でも、横になって過ごすことが多い

・いつもうつらうつらしている

・食事や入浴、散歩をしただけでも、直後に昼寝が必要なほど疲れている

 

 

心身ともに活動が低下し、生活全体が不活発になるのが衰弱です。早目に症状を見つけて対処していくことが大切です。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/22-375215.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

衰弱を初期の段階で食い止めて!衰弱がまねく廃用症候群とは

  高齢者の衰弱が進行すると、心身にさまざまな障害が出現する「廃用症候群」...

衰弱の要因を多く抱える認知症の高齢者…衰弱と認知症の関係

  認知症の高齢者は、そうでない高齢者と比べて衰弱の危険性が高いといわれま...


認知症の高齢者は衰弱の要因が多い!衰弱の進行と認知症

高齢者の衰弱の中でも、認知症の人は衰弱の進行が早いといわれます。認知症特有の「...

脱水症の症状はどんなもの?脱水症状を起こしやすい人とは

   これからの季節は脱水症状が起こりやすくなります。今回は脱水でおきる症状に...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る