カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 間質性膀胱炎 >
  5. 膀胱粘膜の障害が原因!間質性膀胱炎

気になる病気・症状

膀胱粘膜の障害が原因!間質性膀胱炎

 

 

膀胱炎の中には、感染などが原因による急性膀胱炎だけでなく、慢性的に膀胱に炎症が生じる慢性膀胱炎があります。慢性膀胱炎の一つである間質性膀胱炎とはどういう病気か説明していきます。

 

間質性膀胱炎はどうしておこるの?

 

間質性膀胱炎では膀胱の粘膜が障害されていると考えられています。障害によって、膀胱の粘膜の痛覚などが過敏になってしまい、尿が溜まっただけで痛みや症状につながるといわれています。また、上皮と筋肉の間の間質と呼ばれている部分が慢性的に炎症を起こして、膀胱が萎縮し、尿を溜める量が減少するために、1回の排尿量も低下してしまいます。この病気の原因はアレルギー、粘膜の異常など様々な説が考えられていますが、今のところはっきりとした原因が分かっていないのが現状です。

 

間質性膀胱炎の症状

 

慢性的に続く頻尿下腹部痛が主な症状です。頻尿の症状では、1日に20回〜30回もトイレに行くという患者さんも少なくありません。下腹部痛は、おしっこを我慢したときに痛くなることが多いです。痛みではなく、膀胱の違和感や恥骨の上部の不快感などと表現する患者さんもいらっしゃいます。急性膀胱炎の場合と似ていて、香辛料や刺激物を含んだ飲食物をとると症状が悪化し、水分を多く摂ると症状が改善することがあります。しかし、間質性膀胱炎の場合はこの症状がまた繰り返し起こることが特徴です。

 

どうやって診断するの?

 

間質性膀胱炎の場合、尿には異常がほとんどみられません。そのため、精神的なものが原因であると誤解されてしまうこともあります。また、頻尿が強い場合は、過活動膀胱と診断されて、抗コリン剤などの治療薬が処方されている場合もありますが、多くの場合、効果がないと言われています。効果がないことをきっかけに、間質性膀胱炎を疑われる患者さんが多いくらいです。

 

診断は、膀胱鏡検査で慢性炎症にみられる異常が認められることを診断基準としています。また、問診によって重症度を診断し、治療方針を考えて行きます。

 

過活動膀胱と診断されて治療になかなか効果が現れない場合や、頻尿や下腹部の違和感が続く場合は、間質性膀胱炎の可能性もあります。心当たりのある方は一度医療機関へ相談されるといいかもしれません。

 

 

Photo : //www.ashinari.com/2012/01/21-356116.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

間質性膀胱炎に関する記事

原因不明の膀胱炎!?間質性膀胱炎とは

  膀胱の上皮と筋肉の間に存在する間質が炎症を起こす疾患を間質性膀胱炎と呼...

間質性膀胱炎の有効な治療法!膀胱水圧拡張術とは

  原因不明の間質性膀胱炎は、診断することが難しく、多くの罹患者が長期間放...


原因不明の病気・間質性膀胱炎の判断はどのように行うの?

  間質性膀胱炎は、症状だけ見れば通常の膀胱炎と全く同じ症状です。 頻尿や...

膀胱訓練で間質性膀胱炎の再発を防ぐ!

  膀胱の間質という部分に原因不明の炎症が起こる間質性膀胱炎は、膀胱の伸縮性を...

カラダノートひろば

間質性膀胱炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る