カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 膀胱粘膜の障害が原因?間質性膀胱炎!膀胱訓練で再発を防ぐ!腎実質の腫瘍・・・腎臓ガンの恐ろしさ。「膀胱ガン」は予防できる病気!?

気になる病気・症状

膀胱粘膜の障害が原因?間質性膀胱炎!膀胱訓練で再発を防ぐ!腎実質の腫瘍・・・腎臓ガンの恐ろしさ。「膀胱ガン」は予防できる病気!?

 

 

膀胱炎の中には、感染などが原因による急性膀胱炎だけでなく、慢性的に膀胱に炎症が生じる慢性膀胱炎があります。慢性膀胱炎の一つである間質性膀胱炎とはどういう病気か説明していきます。

 

間質性膀胱炎はどうしておこるの?

間質性膀胱炎では膀胱の粘膜が障害されていると考えられています。障害によって、膀胱の粘膜の痛覚などが過敏になってしまい、尿が溜まっただけで痛みや症状につながるといわれています。また、上皮と筋肉の間の間質と呼ばれている部分が慢性的に炎症を起こして、膀胱が萎縮し、尿を溜める量が減少するために、1回の排尿量も低下してしまいます。この病気の原因はアレルギー、粘膜の異常など様々な説が考えられていますが、今のところはっきりとした原因が分かっていないのが現状です。

 

間質性膀胱炎の症状

慢性的に続く頻尿や下腹部痛が主な症状です。頻尿の症状では、1日に20回〜30回もトイレに行くという患者さんも少なくありません。下腹部痛は、おしっこを我慢したときに痛くなることが多いです。痛みではなく、膀胱の違和感や恥骨の上部の不快感などと表現する患者さんもいらっしゃいます。急性膀胱炎の場合と似ていて、香辛料や刺激物を含んだ飲食物をとると症状が悪化し、水分を多く摂ると症状が改善することがあります。しかし、間質性膀胱炎の場合はこの症状がまた繰り返し起こることが特徴です。

 

どうやって診断するの?

間質性膀胱炎の場合、尿には異常がほとんどみられません。そのため、精神的なものが原因であると誤解されてしまうこともあります。また、頻尿が強い場合は、過活動膀胱と診断されて、抗コリン剤などの治療薬が処方されている場合もありますが、多くの場合、効果がないと言われています。効果がないことをきっかけに、間質性膀胱炎を疑われる患者さんが多いくらいです。

 

診断は、膀胱鏡検査で慢性炎症にみられる異常が認められることを診断基準としています。また、問診によって重症度を診断し、治療方針を考えて行きます。

 

過活動膀胱と診断されて治療になかなか効果が現れない場合や、頻尿や下腹部の違和感が続く場合は、間質性膀胱炎の可能性もあります。心当たりのある方は一度医療機関へ相談されるといいかもしれません。

 

 

原因不明の膀胱炎!?間質性膀胱炎とは

膀胱の上皮と筋肉の間に存在する間質が炎症を起こす疾患を間質性膀胱炎と呼びます。

この間質性膀胱炎の何よりの特徴は原因が不明であると言うことです。

 

間質性以外の膀胱炎は細菌感染という明確な原因が存在し、治療もその細菌感染のためのものがほとんどです。

ですが、間質性膀胱炎となると原因となる細菌も見つからず、幾ら抗生剤などを投与しても治るはずもありません。

その多くが診断で膀胱炎ではないと誤診されるか、ストレス性のものだと治療されずに放置されるケースが非常に多い膀胱炎でもあります。

 

■原因不明の間質性膀胱炎

●従来の膀胱炎の原因

膀胱炎の本来の主な原因は尿道からの細菌感染です。

ですので、尿検査を行えば尿から細菌が検出され原因が判明します。

しかし、間質性膀胱炎からは原因となる細菌が見つかることが無いのです。

 

●細菌に感染しておらず症状のみがある

間質性膀胱炎の特徴は、細菌が感染していなくても膀胱炎の症状が現れていると言うことです。

細菌が見つからないため膀胱炎だと診断されず、気のせいかストレスが原因だと誤診されます。

そのため間質性膀胱炎が放置されやすくなってしまっているのです。

細菌に感染していないので、膀胱炎の様に腎盂腎炎にまで発展することはありません。

 

●原因のない膀胱炎を疑う

間質性膀胱炎を放置しないようにするには、原因がないのに膀胱炎の症状が現れる場合は間質性膀胱炎を疑うという姿勢が重要です。

間質性膀胱炎の確認には膀胱鏡で膀胱の内部を見る必要があります。

 

原因がないから膀胱炎ではないとするよりも、原因がない膀胱炎だから間質性膀胱炎だと思うようになってきたのは最近のことです。

間質性膀胱炎と疑うことで、早い段階で膀胱鏡で診断し間質性膀胱炎だとはっきりさせることが出来ます。

 

 

膀胱訓練で間質性膀胱炎の再発を防ぐ!

膀胱の間質という部分に原因不明の炎症が起こる間質性膀胱炎は、膀胱の伸縮性を奪い、膀胱の尿容量を減少させて頻尿としてしまいます。

 

間質性膀胱炎の治療も失われた膀胱の伸縮性を取り戻すために行われる、膀胱水圧拡張術が主に行われることになります。

 

しかし、実は膀胱を拡張した後にさらに重要な膀胱の訓練が待っているのです。

 

■間質性膀胱炎の膀胱訓練

●治療後の再発を防ぐ訓練

間質性膀胱炎は膀胱に生理食塩水を流し込み、間質の炎症で縮んでしまった膀胱を拡張し、再び伸縮性を取り戻す治療が行われます。

しかしこの治療の後にそのまま放置しておけば、すぐまた膀胱が縮こまり、頻尿などの症状が再発してしまいます。

そのため、膀胱水圧拡張術の後、かなりの期間の膀胱の訓練が必要となるのです。

 

●膀胱訓練

1.尿意の我慢

尿意を感じても二十分程度我慢します。

 

2.薄い尿に

我慢しても膀胱への負担が少ないように、水分を多めにとって尿の成分を薄くしておきます。

 

3.食事内容

間質性膀胱炎は食事内容にも大きく影響を受けます。

柑橘系の酸味の強い食べ物や飲み物で症状が悪化し、再発リスクを高めるのです。

唐辛子やコーヒー、大豆製品でも悪化する場合があります。

大丈夫な食事、大丈夫でない食事内容など、決まったものは少なく個人差が大きいため、訓練中の詳細な食事内容の記録と、記録を元に食事内容の調整が必要となります。

 

4.薬物療法

症状に合わせて炎症抑制や鎮痛作用のある薬を使用します。

原因が判然としないため、対症療法的な薬を担当医に選んでもらうことになるでしょう。

 

縮こまった膀胱を無理矢理拡張させた後、その機能を取り戻すための訓練は、再発を防ぐためにも重要な治療法です。

食事も一部制限し、原因不明の炎症を抑える薬物療法など気長な訓練治療となるでしょう。

長い訓練を終え、ようやく正常な膀胱の機能を取り戻せることになります。

 

良性?悪性?腎実質の腫瘍

腫瘍は、体の様々な場所にできます。

良性・悪性によってその治療や予後は大きく変わり、できれば出来てほしくないものです。

今回は、腎実質にできる腫瘍についてお話します。

 

腫瘍の分類

①良性腫瘍

最も多いのは血管筋脂肪腫です。

そのほかにも、腺腫、線維腫、血管腫、脂肪腫などがありますが、できるのは非常にまれです。

②悪性腫瘍

腎細胞がん、ウィルムス腫瘍、肉腫があります。

 

代表的な病気①腎細胞がん(腎がん)

腎実質に出来る腫瘍の約4/5は、腎細胞がんです。

50~70歳という高齢の方に多く、男性に多く発症すると言われています。

多くは健診や、他の病気の検査中に見つかります。

<症状>

・血尿

・腫瘤

・疼痛

・発熱、貧血(進行している場合)

<治療>

早期の腎細胞がんには、腎臓自体を取る「根治的腎摘出術」が行われます。

腫瘍が小さければ、腫瘍の部分だけを取る「腎部分切除術」になります。

現在は、手術との併用としてインターフェロンなどの免疫療法が注目されています。

 

代表的な病気②ウィルムス腫瘍

腎芽細胞腫とも呼ばれています。

成人にも発症することがありますが、多くの場合は小児に発症します。

腫瘍は速く大きくなり、巨大な腫瘤を作ります。

左右両方の腎臓にできる場合もあります。

ウィルムス腫瘍と合併して、奇形などが起こることがあります。

<合併する病気>

・先天性虹彩欠損

・尿道下裂

・停留精巣

・白内障

・知能低下

など

<治療>

腎臓を摘出する手術を行います。

術前・術後に放射線治療を行うことが多いです。

化学療法薬も有効なので、使用されることもあります。

 

代表的な病気③腎血管筋脂肪腫

良性の腫瘍で、血管・筋・脂肪からなります。

女性に多く発症する傾向があります。

結節性硬化症という遺伝性の病気に合併し、左右両方に発生することがあります。

<症状>

・血尿

・脇腹が痛い

<治療>

良性なので経過観察でも大丈夫です。

腫瘍が大きい場合には、手術が行われます。

 

 

腎臓に「腫瘍」ができる・・・腎臓ガンの恐ろしさ

ガンは現代の人間にとっては、非常に馴染み深い病気となってしまったといえるようです。原因や発生箇所は様々で、治すことができるガンも存在しますが、発症してしまうと長い時間と労力をかけなければ治すことが難しいといわれています。

 

その中でも、腎臓に「ガン腫瘍」ができてしまった場合のショックは大きいようです。

 

腎臓ガンはなぜショックが大きい?

腎臓に「腫瘍」ができガンと診断された場合のショックは、他の消化器系にガンができた時よりも大きいといわれています。その理由は、他の消化器系にガンが発症した時の、下血、吐血以上の血尿が出るためといわれます。

 

また、数少ない小児ガンの症例に含まれることが多いことも、ショックが大きい要因といわれています。

 

 

腎臓ガンは何故できる?

ガンは、その発病原因の特定がなかなか進まない病気の1つといえます。腎臓ガンもそういった部類の病気とされ、原因は未だ特定されていません。しかし、考えられている発病要因として「肥満」「感染症」「腎不全」などがあります。

 

小児ガンとして発病する腎臓ガンは、一般的な腎臓ガンとまた少し異なり、「ウイルス腫瘍」と呼ばれることが多く、発病原因は遺伝によるものと考えられています。

 

「ウイルス腫瘍」を発病した場合、他の遺伝性疾患が見られることが多いことが原因理由となっているようです。「ウイルス腫瘍」は、未分化だった腎細胞が変異して発生すると考えられており、「腎芽腫」とも呼ばれています。

 

その他の腎臓ガンの種類

腎臓ガンには、「ウイルス腫瘍」の他にも種類があります。例えば、尿を作るための濾過機能を担当するネフロンにつながっている尿細管に腫瘍ができる「腎細胞ガン」や、尿細管を束ねている腎盂に起こる「腎盂ガン」などがあります。

 

「ウイルス腫瘍」の発病は5歳以下の子どもに多く見られ、成人の場合は「腎細胞ガン」や「腎盂ガン」を発病しやすいといわれています。

 

早期発見で重症化を防ぐことができる可能性もあります。定期的な健診を受けるようにしましょう。

 

 

いくつかの治療方法を持つ「膀胱ガン」は予防できる病気!?

ガンと聞くと恐ろしいイメージを持っている方も多いと思います。転移、再発などを繰り返しながら、身体中を蝕んでいくといったことを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし現代医学の進歩に伴い、治療可能になっているガンもあります。その1つが「膀胱ガン」といえるようです。

 

「膀胱ガン」の現状

「膀胱ガン」は、悪性の膀胱腫瘍ですがそもそも膀胱腫瘍には良性のものが少ないといわれています。つまり膀胱腫瘍のほとんどが「膀胱ガン」ということになるようです。

日本での悪性腫瘍死亡数でみると、男性で第11位、女性では第14位となっており、それほど多くはありません。統計では、女性に比べ男性の発病率が高く、70歳代が最も多いといわれています。

 

「膀胱ガン」の発病

「膀胱ガン」は膀胱内部で起こる病気ですが、主な症状は痛みを伴わない血尿だけといわれています。それ以外はほとんどが無症状とされていますが、ガン細胞が膀胱組織の中に入り込んだ場合、排尿痛や腹痛・背中の痛みなどを感じることがあるようです。

また、膀胱ガンは早期発見した場合でも再発の可能性が高いガンといわれているため、治療の際には全てのガン細胞を徹底的に取り除く必要があるようです。

 

「膀胱ガン」の治療

「膀胱ガン」にはいくつか治療方法があるようですが、基本はやはり外科手術となります。ガン細胞が膀胱組織内に入り込んでいない場合は、ガン細胞を上手く取り除くことができ、十分な治療効果が発揮されるといわれています。しかし、膀胱組織に入り込んでしまっている場合は膀胱を全摘出する場合もあるようです。

もう1つの方法として、BCG療法といったものがあります。これは結核予防とされるBCG注射と同じ成分のBCGを膀胱に注入することで、膀胱の免疫機能を活性化させ、ガン細胞を弱らせるといった治療方法です。この方法は再発防止にも使用することができ、外科手術の後、定期的にBCGを膀胱に注入することで、膀胱ガンの再発予防ができるとされています。

 

高齢者に多いとされる「膀胱ガン」ですが、原因も様々です。定期的な検査を受け適切な処置で命を守りましょう。

 

Photo : http://www.ashinari.com/2012/01/21-356116.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?膀胱炎の治療には薬物療法が効く!

    夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?...

アレルギーの影響が腎臓に及ぶ「間質性腎炎」!尿毒症ってどんなもの?ネフローゼ症候群・ファンコニー症候群とは

  アレルギーに悩んでいる方は、非常に多いのではないかと思います。そしてそ...


腎盂腎炎の症状と合併症!予防法はトイレと水分補給にあり?!悪寒や戦慄は腎盂腎炎の危険信号

    腎盂腎炎は腎臓で作られた尿を尿管へと導く中継の役割を果たす臓器で...

思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!「尿道狭窄症」「尿道外傷」~適切な治療で後遺症を防ぎましょう

 膀胱は尿を貯める袋ですが、尿がいっぱいになっているときに外から強い力を受け...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

腎臓・膀胱・尿管の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る