カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 知っておきたい!マタニティブルーの原因・症状・解消法!

妊娠・出産

知っておきたい!マタニティブルーの原因・症状・解消法!

妊娠中や産後には、生活環境の変化や母親になるという責任から、情緒不安定になる人が多くいます。

しかし、それらの原因のほとんどは、ホルモンバランスの激変によるものです。

 

原因を知っておくことで「自分のせいではない」と冷静に捉えられ、気持ちが安定するのを安心して待つことができるでしょう。

 

マタニティブルー

妊娠・出産とは幸せだけに包まれている瞬間だと思っている人がいるかもしれません。

しかし実際は、ホルモンのバランスが崩れ不安定になりやすい時期であることに加え、生活の変化や周りからのプレッシャーなどで精神的に壊れやすくなります。

 

軽くブルーになる人から、うつ病を発症する人まで様々ですが、妊婦の半数以上の人がマタニティブルーを経験すると言われています。

 

これは、ホルモンバランスの変化による一種の精神病であり、本人の力不足が原因ではありません。

自分を責めることなく、気になる症状があればすぐに医師に相談しましょう。

 

マタニティーブルーになる原因って?

内的要因

・産前マタニティブルーは、体内で子宮が赤ちゃんを育てる準備をし、胎盤ができるという大きな変化によって女性ホルモンが大量に分泌され、バランスが崩れる

 ・産後マタニティブルーは、子宮が急激に収縮し、女性ホルモンの分泌が激減されバランスが崩れる 

 

外的要因

・生活が制限され、好きなものが食べられなくなったり、寝不足が続いたり、体調が優れなかったりという生活習慣の変化

・就労場所や周囲からのプレッシャー

・立派な母親にならなければという自分自身へのプレッシャー

・育児しかできず、社会から取り残されたような孤独感 

 

マタニティブルーの時期

・産前マタニティブルー

・産後すぐマタニティブルー

・産後数週間後マタニティブルー 

 

あなたは当てはまる?マタニティブルーの症状

軽度

・突然泣きたくなる(しばらくすると戻る)

・突然イライラする(しばらくすると戻る)

・突然やる気がなくなる(しばらくすると戻る)

 

中度

・精神不安定になる

・倦怠感が抜けない

・感謝の気持や愛情がわかない

 

重症

・眠れない

・不安で仕方ない

・人に会いたくない

・赤ちゃんや家族を愛せない

・生きる気力が無くなる

・赤ちゃんを虐待してしまう 

 

マタニティブルーの解消法 

マタニティブルーの症状や期間は人によって違いますが、産後2~3日位で自然に治まると言われています。

長い人は1か月くらいかかると言われているので、自分に合った解消法を見つけておくと良いでしょう。

 

・好きなものを食べる!

妊娠中や授乳中は、食事管理が必要で制限される事が多く、ストレスがたまりますよね。

 

さすがに、毎日食べたい物を食べていると体重が増えすぎたり、赤ちゃんの栄養に悪影響を及ぼすので、たまには好きなものを思い切り食べる日を作って、ストレス解消をしましょう。

 

・話しやすい人に相談する

不安や悩みがある場合は、自分の気持ちを人に話すことでスッキリすることもあります。

ママ友やクリニックの先生などに、今の思いを洗いざらい吐き出してスッキリしましょう。

 

完璧に育児と家事をこなそうとせずに、今の自分にできることを頑張ってやるくらいの気持ちでいることも大切です。

そうすることで悩んでいたことの解決策が出たり、案外、思っていたほど深刻ではなかったりするので、第三者へ相談してみましょう。

 

・同じ悩みの友達に相談する

先述した「外的要因」によるマタニティブルーは、インターネットの相談サイトや母親学級、マタニティヨガなどのお稽古等で、同じ悩みをもつママ友を持つことが効果的です。

 

また、先輩ママに相談するのも良いですが、時には自分の母親が良かれと思って言ったことで傷ついたりイライラしたりすることもあるので、相談できる人は数人確保しておいた方が良いでしょう。

 

子育て中ならではの楽しみを見つけよう!

妊娠期間中や子育て中だからこその、楽しみを見つけることも大切です。

 

最近では、マタニティフォトやベリーペイントなどが流行っているので、やってみてはいかがでしょうか。

何でもよいので、今しかできないことを思い切ってやってみましょう。

 

妊娠中は、お腹が大きくて思うように動けなかったので、思い切り体を動かずこともストレス解消になります。

 

マタニティブルーは、ストレスが悪化をさせる要因となるので、自分に合った解消法を探して、無理をせずに息抜きをしながら育児ができるようにしていきましょう。

 

マタニティブルーの予防はできるの?

ホルモンによるマタニティブルーを予防することはできませんが、

 

・ホルモンのバランスが崩れると情緒不安定になる

・本心ではないことを言ってしまうかもしれない

ということを、事前に周囲の人にも理解をしてもらいましょう。

 

実際、妊娠中や産後にパートナーや協力者は気性が激しくなった女性に驚くことが多いようです。

 

事前に理解を求めることで、突然涙が止まらなくなったり、自信がなくなったり、倦怠感が続いても「今はホルモンバランスが崩れてて不安定になってるから、ごめんなさい。」と素直に謝ることもでき、周りの人も理解をしてくれるのではないでしょうか。 

 

「産後うつ」へ発展する前に相談しよう

ほとんどの場合、ホルモンのバランスが整ってくれば自然と回復しますが、軽症だからと言って放っておくと知らぬ間に症状が悪化することもあります。

 

また、マタニティーブルーから「産後うつ」へ発展してしまう場合もあり、その場合には治療に長い時間を費やすことになります。

そうなる前に、早めに周囲の協力者や先輩ママに相談したり、医師の診断を受けましょう。

 

赤ちゃんにたくさんの愛情を…

女性は赤ちゃんを出産することで、自然と幸せになるのではありません。

赤ちゃんは成長していく過程で、数えきれないほどの笑顔と幸せをあなたに届けてくれるのです。

 

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ白紙の状態です。

あなたの笑顔と愛情で染められていきます。

 

正しくて良い母親になる努力よりも、できるだけたくさんの愛情を注げるように心を穏やかに保つ努力をしたいですね。

 

(イラスト: by http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠初期(2~4ヵ月)に関する記事

妊娠初期におすすめの気分転換は?運動なら●●がおすすめ!

妊娠初期は体調がとても不安定です。妊婦さんによっては頻繁に出血が見られたり、...

羊水検査~G-band法とFISH法の検査結果の出方の違い~

昨今では高齢出産が増加傾向にあり、それに伴って羊水検査やより手軽で安全性が高...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

エコーで脳に丸い影!?脈絡膜嚢胞とは

妊娠が分かった方は妊婦健診が始まるかと思いますが、初めの頃は4週間隔で健診に行きエコーで我が子の成長...

カラダノートひろば

妊娠初期(2~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る