カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 原因 >
  5. こころの理論が障害された病気とは?

メンタル

こころの理論が障害された病気とは?

 こころの理論と聞いても「なに?」とぴんとこない方が多いとおもいますが、じつは、この「こころの理論」の障害を認めるのが自閉症などの疾患です。

 

◆ こころの理論とは?

私たちは、普段何気なく他者の気持ちを推測して生活をしています。

その推測の際に必要とされる人の行為や言葉を、その人の信念・知識・意図・欲求・感情などの心的状態にもとづいて理解する能力のことを「こころの理論(Theory of mind)」といいます。

 

こころの理論は「サルに心はあるのか」という疑問から始まって、PremacとWoodruffにより1978年にはじめて提唱された概念です。

この後の研究で、ニホンザルなどの旧世界猿はこころの理論をもたないが、チンパンジーなどの類人猿は原始的なこころの理論を持つことが確認されています。

 

さらにこころの理論はヒトの幼児の社会的認知発達研究へと発展し、その結果、ヒトの幼児においては生後3~5歳ごろにこころの理論が発達することが示されています。

 

要するに、ヒトはこころの理論を用いて対人関係を築き、円満な社会生活を営んでいるということです。

自閉症などの方は、このこころの理論の発達が何らかの理由により阻害されたため、円滑な対人関係を築くことが難しくなってしまったということになります。

 

 こころの理論の障害を認める精神疾患

程度の差異はありますが、このこころの理論の障害を認める精神疾患として以下の疾患などがあげられています。

 

* 自閉症

* アスペルガー症候群

* 統合失調症

* 失調型パーソナリティ障害

* アルツハイマー型認知症

* 双極性障害

 

こころの理論という概念で全てを説明できるわけではありませんが、出現する症状の結果から、上記のような疾患名が上がっているようです。

(双極性障害などは、発病前は十分すぎるほど、こころの理論が発達している印象があります。)

 

また、これまでの脳機能の画像研究で、他者の行動を頭の中でリハーサルする際に賦活されるミラーニューロンの部位(ヒトでは下外側前頭野相当)が、推論や模倣などに関連するため、こころの理論の基盤になると考えられています。

 

(Photo by:足成 )

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

自閉症は後天的?

自閉症の原因は基本的に先天的なものだとされています。確かに自閉症は育て方うんぬ...

発達障害にはエピジェネティクスという現象が関与している!?

発達障害における最近の知見の中で、最も重要なのは、多くの発達障害が多因子遺伝...


注意欠陥多動性障害(ADHD)の要因

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、様々な要因を含む複合的な症候群だとされてい...

自閉症は、遺伝が原因ではなかった?

    自閉症というとその言葉のイメージから、家などでふさぎ込んでいて、自分...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る