カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 家族 >
  5. 家族にとっても大事な『がんの受容』

ガン・悪性腫瘍

家族にとっても大事な『がんの受容』

beautiful-15964_640.jpg

がん患者にとっては、がんを受け入れる、がんとともに生きていく、という意識が非常に重要です。
同じように家族にとっても、がんを受け入れるということが必要となります。

●受容するとは何か

受容の定義はとても難しいです。
言葉そのままの意味で言えば『受け入れる』というだけですが、がんやその他の病気の受容となると『病気になった自分(もしくは家族)を受け入れる』ということになり、様々な捉え方が生まれます。
患者ひとりひとり、患者の家族ひとりひとりによっても捉え方が違う『がんの受容』ですが、患者も家族もそれぞれが幸せに過ごせる捉え方が必要とされます。

●がんを受容するまでにはプロセスが必要

患者の家族にとっても、患者のがんを受容するまでにはある程度のプロセスが必要です。
最初からがんを受容できる人はほとんどいないと考えても大げさではありません。
がんを受容するまでには、不安、焦燥、落ち込みなどさまざまな感情を体験します。
あまりにも負の感情の影響が大きいときには、専門的なメンタルケアを受けるという方法もあります。検討してみてください。

●がん患者に寄り添うために

がん患者にどのようなケアをしたらよいか、という冊子なども配られています。
基本的には患者の気持ちに寄り添ったケアが必要となりますが、個人差があるのは当然です。
今まで付き合ってきた家族として出来ることを考えて、辛い治療をしている患者さんを支えてあげてください。

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/23/09/14/beautiful-15964_640.jpg)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族に関する記事

末期がんの家族のサポート

末期がんの患者に必要なのは緩和ケアであると言われています。そして緩和ケアを行う上...

家族に言う?言わない?がん告知の最新傾向 家族がガンを知ることの意味

  テレビドラマや映画などでガンの告知シーンを見たことがあるという方も多いでし...


末期がんの自宅療養~介護&医療保険の併用ができるのを知っていますか?

  もし身近な家族が末期がんになった時、自宅での生活をどう支えますか?特に...

家族がガンと診断された…まずは何をすべき?

  ガンの診断は命にかかわるものというイメージも強く、ガンの診断を受けた本人も...

カラダノートひろば

家族の関連カテゴリ

家族の記事ランキング

人気体験談ランキング

ガン・悪性腫瘍のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る