カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 狭心症 >
  7. タバコはストップ!狭心症の予防には禁煙を!

生活習慣病

タバコはストップ!狭心症の予防には禁煙を!

 

タバコはストップ!

狭心症は血管内が狭くなる病気ですが、タバコを吸ったことによる影響が大きいとされています。

ヘビースモーカーの虚血性心疾患の発生頻度は、吸わない人の2倍以上と言われています。

狭心症予防のために、禁煙をオススメします。

 

血圧や脈拍が上昇

タバコを吸うと、血圧や脈拍が約20%上昇します。これだけでも血管には負担をかけてしまいます。

通常よりも高い血圧になると、血管の壁にも力が加わりますから、どうしても吸わない人よりも血管へのダメージがあるのです。

これが続くと、血管の壁に傷ができ、それを修復するための固まりができやすくなります。

これが狭心症等の循環器系疾病につながります。

 

ニコチンなどが血管を傷つける

タバコを吸う影響は、ニコチンと一酸化炭素が最も大きいと言えます。

これらは血液中に入り、血管の内側を傷つけたり、血管収縮、血管凝固、動脈硬化を起こしやすくします。

喫煙者は持続的にこうした有害物質を体内に取り込んでいるため、血管が常に危険にさらされているのです。

 

ケムリが周りの人にも影響

タバコの影響は、吸っている人だけでなく、副流煙を吸い込んだ周囲の人へも影響します。

家族に循環器系疾患がある人がいたら、その方にも悪影響がある可能性もあります。

自分の健康だけでなく、家族や周囲のためにも、禁煙から始めましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/12/29-355332.php

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

狭心症に関する記事

安定型狭心症とは? 労作性狭心症と異型狭心症

           心臓は、「心筋」と呼ばれる筋肉でできています。この筋肉...

動脈硬化の一歩手前「狭心症」は心臓が酸欠している状態!なぜ心臓が酸欠するの?

  心臓は人の生命活動の要になる臓器です。その主な働きは全身に栄養のある血液を...


安静時に発作がおきる!日本人に多い狭心症

  安静時に発作が起きる異型心臓病! 狭心症は激しい運動で発作が起きると一般...

狭心症の症状は「胸や周辺の痛み」…でもそれを感じられない糖尿病患者、高齢者は注意!

  心臓は非常に重要な働きをしている臓器です。そのため体の各部分に血液を送り出...

カラダノートひろば

狭心症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る