カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. O脚 >
  6. 太ってる人はO脚に要注意!

健康診断・健康管理

太ってる人はO脚に要注意!

 

 O脚というと左右のくるぶしをつけて真っすぐに立った時に膝と膝がくっつかない状態です。

 肥満体型の方の場合は、太ももの脂肪が邪魔をして分かりにくくなっているのですが、実はO脚の方がかなり多くいます。

 

 

お腹の脂肪が重心を崩す

妊婦さんが腰痛になりやすいことはよく知られています。

その理由の一つに、腹部の胎児によって重心が前方にずれ、骨盤が後傾することがあります。骨盤が後傾すると、その上に乗っている腰椎は後弯して腰に痛みが出ます。

 

肥満体型の方も、腹部の脂肪によって重心が前方に移動するので、骨盤を後傾させてバランスを保とうとします。

骨盤は後傾すると開きます。そうすると股関節も外旋するので、膝は外向きになりO脚となります。

 

 

膝裏の負担

膝が外向きになってしまうと、膝の内側には逆に伸展ストレスがかかります。

膝は体重を支えなければいけないので負荷が大きく、歩くと体重の3倍走ると体重の5~8倍の力がかかると言われています。

 

そして、歩くたびに外に開く膝を内側に戻す役割をしているのが膝裏にある膝窩筋です。

 

 

膝窩筋の位置

膝窩菌は、大腿骨の外側顆から出て、脛骨の後面に付着します。

 

この筋に障害が出ると、膝裏の内側に痛みが出ます。

 

 

膝窩筋のストレッチ

1、靴下の中にテニスボールゴルフボールなどのやや固さのあるボールを入れます。

 

2、仰向けに寝た状態で①のボールを膝下に入れます。

 

3、ボールが膝裏の痛気持ちいいポイントに来るように靴下を引っ張って位置を調節して下さい。

 

4、痛気持ちい状態のまま60~120秒深呼吸をしましょう。徐々に痛みが薄れてきたらそれで成功です。

 

※膝窩中央には、膝窩動脈腓骨神経が走っています。これらへの圧迫は避けましょう。

 

 

まとめ

太ってしまうと身体の重心バランスは崩れ、様々な部位に負担がかかってきます。

その結果の一つとして、O脚があります。

膝窩筋へのストレッチも対症療法でしかないので、適正体重へ近づけることが最良の改善方法です。 

 

  

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/06-348765.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

O脚に関する記事

O脚ストレッチの注意点

  女性の骨盤は柔らかく、男性よりも動く範囲が広くなっています。だからこそ、骨...

貴方はどっち?ガニ股O脚・内股O脚

O脚になってしまうと膝の間が離れてしまうために、足のラインがスッキリと見えなく...


外側に体重かかっていませんか?

O脚と言うと、真っすぐ立っているつもりなのに左右の膝がくっついていなくて格好悪い...

あなたのO脚は治る!?

巷では、O脚を治すためのストレッチやO脚体操、O脚整体など様々なO脚矯正の為のツ...

カラダノートひろば

O脚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る