カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 下痢 >
  5. 子どもの細菌性胃腸炎(食中毒)の予防と注意点

育児・子供の病気

子どもの細菌性胃腸炎(食中毒)の予防と注意点

 

 

 梅雨から秋にかけて細菌性胃腸炎(食中毒)が増えてきますね。
細菌性胃腸炎(食中毒)は、症状が起きてからのケアよりも、予防することが大切です。

 

細菌性胃腸炎(食中毒)の予防と注意点をまとめました。


細菌性胃腸炎(食中毒)の予防と注意

食品編
・食中毒の原因となる細菌のほとんどが80~100℃で数分間加熱すれば死んでしまいます。食品は必ずきちんと加熱しましょう。


・抵抗力の弱い1~2歳児に生もの食べさせるのはできるだけ避けてください。冷奴など火を通さずに食べるものは赤ちゃんに食べさせるのは避けてください。また、の刺身は2歳過ぎてから食べさせるのが安心です。ただし、生のホタテやエビは注意が必要です。イクラは食中毒以外にアレルギーが起こる可能性があるので3歳過ぎてから食べさせてください。


・卵の殻は表面にカンピロバクターなどの細菌がついていることがあるので、子どもの手の届かない場所に起きましょう。また、卵の殻を触ったあとは手洗いを忘れずにしてください。

 

 

調理器具編
・調理器具は使うたびにしっかりと洗剤で洗いましょう。まな板や包丁は熱湯をかけて消毒しましょう。


・ふきんはこまめに交換して使いましょう。

 

その他
・肉や魚といった生の食品から細菌が移ることがあるので、生鮮食品のトレイを子どもに触らせないようにしましょう。


・ケガなど傷ついた手で食品に触ると、傷の細菌が原因で発症することがあります。傷をケアし、傷のある手はビニール手袋をはめるなどしましょう。


・ゴミ箱は子どもが手を入れないようにふたつきにするか、手の届かない所においてください。

 

 

子どもは、汚染された食べ物に触り、その手をなめて細菌性胃腸炎(食中毒)が発症するということが多いです。
食品は必ず加熱する・調理前には必ず手を洗う・調理器具は常に清潔にして、子どもから細菌性胃腸炎(食中毒)を予防しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/20-379336.php?category=188 )

 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下痢に関する記事

子どもが下痢をした時のホームケア 水分補給・食事・お尻の注意点

子どもが下痢をしたときはとても心配ですよね。 そんな時におうちでできるケア...

子どもの下痢の原因にはどんなものがあるの?

子どもが下痢をしてしまった…。胃腸炎?それともほかの原因?心配しなくても良い...

下痢の体験談

原因不明の下痢

年末から年始にかけて、車で一時間ほどの実家に帰っていました。 1歳3ヶ月の娘はまだ離乳食完了期です...

下痢になったら。

子供が6ヶ月頃、急に下痢になりました。 多いときでも、1日10回ほど便をして いつものどろど...

カラダノートひろば

下痢の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る