カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 症状 >
  5. 広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)って?

メンタル

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)って?

広汎性発達障害は、社会性のハンディキャップを中心とする非常に広大な発達障害症候群のことをいいます。


*社会性の障害

*コミュニケーションの障害

*想像力の障害とそれに基づく行動の障害(一般的にこだわり行動とよばれるもの)

……の3つの特徴を主なものとします。


これ以外に、非常に重要な症状として、赤ちゃんの鳴き声などの特定の音を非常に嫌がるといった知覚過敏性という問題を抱える方が多くいます。

「自閉症」や「広汎性発達障害」といわれても、普通は何が何だか良くわからないと思います。

俗に『自閉症』と言われている障害は、下図のとおり広範囲に渡ります。

狭義の意味での「自閉症」はそのごく一部なのですが、一般的にはそうは理解されていません。

 

 

(発達障害の相関図:毎日新聞2005/1/9を一部参照)


専門医に相談すると、ご家族にわかりやすいように「広汎性発達障害」とか「自閉症スペクトラム」という風に説明されることが多いようです。

自閉症を中心とする広汎性発達障害は数ある発達障害の中でも良く取り上げられています。


その理由は、広汎性発達障害が社会性の障害が中心にあるからです。

社会性の障害とは自分の体験と人の体験が重なり合うという前提が成り立たないということです。

つまり、自分と他人との間の暗黙の了解、さらにいうと、私たちの普通の常識が通じないということです。

 

感覚過敏性の障害をもつ人には、私たちの常識とする励ましや声賭けが通用せず、「怖い」と感じ、パニックになることがあります。

また、「好きなことをしていい」とか「見たままにすればいいでしょう?」という言葉が通じません。


広汎性発達障害を持ち人には、「人と自分が重なり合わない」という障害の基盤にミラーニューロンシステムの問題があります。

ですから、見ていて理解はしていたとしても、見ているだけでそのまま一緒に体験する事は難しいのです。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/03/23-015600.php)

(イラスト:著者)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

アスペルガー症候群って何??特徴や支援の仕方を知ろう

「アスペルガー」という言葉を聞いたことはありますか??また、どういった症状や...

発達障害に多くみられる摂食障害

広汎性発達障害の方は、その場の状況を読んで臨機応変に行動することが苦手です。...


コミュニケーションで気づく自閉症のポイント

  自閉症と健常者の境界線は明確に引かれているわけではないので、広い意味で...

発達障害にみられるこだわりって?

  広汎性発達障害の主な症状のひとつに、「こだわり」があります。 そのこだわ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る