カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. O脚 >
  6. 貴方はどっち?ガニ股O脚・内股O脚

健康診断・健康管理

貴方はどっち?ガニ股O脚・内股O脚

O脚になってしまうと膝の間が離れてしまうために、足のラインがスッキリと見えなくなってしまいます。美容を気にする女性なら、O脚を治すためにストレッチを毎日頑張っていると言う方もいるでしょう。

 

ですが、O脚にはガニ股タイプのO脚と内またタイプのO脚があり、そのどちらに対するストレッチなのかを分かっていないと、良くならないどころか逆効果になってしまう事すらあります。

 

ガニ股タイプ 

ガニ股タイプのO脚は、体型で言うなら肥満型の人が、性別で言うと男性に多く、年齢で言うと年輩の方に多いタイプのO脚です。

 

膝の向きは外向きになっています。 

ガニ股タイプのO脚の人は体重が外側に乗っています。

 

○その為に、アキレス腱は固くなります。 

○太ももやふくらはぎの外側やお尻の下の方(梨状筋)が短縮して、固く張ります。

 

逆にそれらの筋の拮抗筋である内転筋群には伸展ストレスがかかり、弱化します。 

 

○骨盤が後傾するので、腰椎の自然な湾曲は無くなり背中がまっ平らになります。壁に背中をつけて立ってみて、腰と壁とがピッタリ付く人は骨盤が後傾しています。

 

また、靴の踵は外側が減りやすいです。

 

内またタイプ

内またタイプのO脚は、体型で言うならやせ形の人が、性別でいうと女性に多く、年齢で言うと若年の方に多く見られるタイプのO脚です。

 

膝の向きは内向きになっています。 膝が内を向いているとX脚になりそうですが、O脚になる人もいます。肘が180°以上反る方を見た事はありませんか?

 

膝でも同じ事が起きる事があり、反張膝と言います。膝が内側を向いた状態で180°以上反ってしまうためにO脚に見えます。

 

内またタイプのO脚の人は体重が内側に乗っています。

 

○内転筋群や太ももの前面が強く張り固く張ります。

 

○骨盤が前傾するので、お尻が出て(出っ尻)、下腹がポッコリとせり出します。

 

腰椎の前湾は強くなります。壁に背中をつけて立ってみて、壁と腰との間にこぶしが入るくらい隙間のある人は骨盤が前傾しています。

 

○腹筋が貧弱で体幹を支えきれていない人に多く見られます。

 

まとめ

O脚のためのストレッチと言っても、どちらのタイプのO脚にむけてのアプローチなのかは違います。

なかなかストレッチの効果が感じられない時は、逆のストレッチをしている可能性もあるので注意しましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

O脚に関する記事

外側に体重かかっていませんか?

O脚と言うと、真っすぐ立っているつもりなのに左右の膝がくっついていなくて格好悪い...

O脚種類別対処法

  O脚には種類があります。それに加えて個人差もありますので、おおまかに自分の...


O脚改善!正しい開脚ストレッチとは?開脚ストレッチの効果を最大限引き出す方法 ★図解イラストあり

  O脚改善で開脚のストレッチというのは実にポピュラーな方法だと思います。 ...

膝下のねじれに効くストレッチ

O脚と言っても色々な種類があります。骨盤が開いていることでO脚になることもあ...

カラダノートひろば

O脚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る