カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. 鍛えながらストレッチ!

健康診断・健康管理

鍛えながらストレッチ!

 

最近は肩甲骨の重要性が見直されてきています

今までは骨盤に対するアプローチが流行っていましたが、ここ2、3年は肩甲骨ダイエットや、肩甲骨を正しくすれば身体の不調が取れるといった本や記事をよく見かけるようになりました。

 

 

肩甲骨が大事な理由

人間の体の中でどの方向に対しても自由に動ける関節は肩関節と股関節だけです。

 

正しいウォーキングやランニングを行う際に腕の振りについて細かく言われることからも分かるように、肩関節と股関節は連動して動いています。

 

股関節の歪みはすなわち骨盤の歪みですので、骨盤のゆがみと肩甲骨のゆがみに深い関係があることがあります。

つまり骨盤だけでゆがむことも無ければ、肩甲骨だけがゆがむと言った事もありえないわけです。

 

 

肩甲骨の歪む方向

肩甲骨はその構造や機能上、後ろに歪む事は少なく、前方に歪む事が多いです。

後方に行く時のほとんどは筋肉の麻痺や外傷が原因です。 

 

特に今はデスクワークのせいで猫背になり肩甲骨が前方に移動している人を多く見かけます。

 

肩甲骨が前方に移動する事により、肩甲骨を前方に引っ張る筋群は短縮し固く張ります。

肩甲骨を後ろに引く筋群は引き延ばされて弱化しています。

 

 

超腕立て伏せの効果

普通の腕立て伏せにちょっと工夫をするだけで効果が高まります。

 

○短縮して固くなった筋群を伸ばす

○引き延ばされて弱った筋群を鍛える

 

これら二つの事を同時に行う事ができます。

 

 

超腕立て伏せのやり方

1、普通の腕立て伏せの姿勢を取り、手を置くところに電話帳などの厚みのあるものを置きます。

 

2、顎が自分の手の高さより下になるまで下ろします。

 

 

成功のポイント

○無理をしない

猫背の方は肩甲骨を引き上げる筋が弱化しているので、かなりキツイと思います。最初は回数を少なくしたり、膝をついて負荷を軽くしてみましょう。

 

○身体は真っすぐに

腰を反らして腕立て伏せを行うと腰を痛めてしまうので気をつけましょう。

 

○手の位置を変える

肩を前方に引き込む大胸筋は大きな筋肉です。手の位置を肩より高く、肩と同じ高さで、肩より低く、と変える事によって大胸筋をまんべんなく伸ばす事ができます。

 

 

まとめ

電話帳だと滑って不安だと言う人は、プッシュアップバーと言う超腕立て伏せ用のフィットネスグッズを買うのもいいでしょう。

安価なものだと1000円以下のものもあります。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/04-348716.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

ストレッチグッズを使用した猫背解消エクササイズ!

  猫背は肩や背中、足腰など、体全体をゆがませ負担をかけてしまう姿勢です。...

肩甲骨のコリをほぐすには「大胸筋」をほぐそう!

肩こりというと首の付け根の「僧帽筋」がこることが多いようですが、肩甲骨付近が...


寝転がってるだけでOK?!背中の楽々ストレッチ

   疲れを取るためにはストレッチをしなければいけない、と思っていても疲れ...

オフィスでも簡単に出来る!頭を抱える・肩を回す、2種類のストレッチでカンタン☆肩こり解消

肩こりは、オフィスで働く人間にとっては、宿命ともいえるつらい存在です。毎日パソ...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る