カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 手の太陽小腸経は小腸と関係アリ!

健康診断・健康管理

手の太陽小腸経は小腸と関係アリ!

 

 

 

身体には正経12経と呼ばれる固有の経穴(ツボ)を持ち特定の経路を通る12本の経絡があります。

それぞれの経絡は六臓六腑に対応しており、他の経絡や組織と複雑に絡み合い連絡し合うことによって、人体の全ての組織は繋がりを持つ事ができ、全体としての統一性を保っています。

 

 

手の太陽小腸経

正経十二経の一つに手の太陽小腸経があります。

 

○流注(流れ) 

手の太陽小腸経は、小指内側端に起こり、手の内側、前腕後内側、上腕後内側を上がり肩に出て、肩甲骨をめぐり、肩上から鎖骨部に入り、下って心と絡します。喉をめぐり、横隔膜を通過して小腸に属します。

 

○支脈

鎖骨部で分かれた支脈は首をめぐり、頬を上がって目の外側を通り耳の中に至ります。頬から分かれた支脈は鼻を通り、目の内側で足の太陽膀胱経と繋がります。 

 

 

失調すると

手の太陽小腸経が失調すると、その経絡走行上や属する小腸に関連した症状が出てきます。

 

○腹鳴、下痢

小腸は受盛と言って必要な栄養を吸収して要らないものを大腸に送る作用があります。受盛作用の低下によってこれらの症状が起こります。

 

○小便黄赤(濃い小便)

心の熱が表裏関係にある小腸に影響すると、小便が濃くなり黄赤色になります。

 

○喉痛、下顎の痛み、難聴

太陽小腸経の経絡走行上への症状です。

 

○肩や腕の外側後面の痛み

肩や腕を走る経脈が阻滞されるとこれらの部位に痛みが出ます。

 

 

経穴

1、少沢(しょうたく)・・小指末端

2、前谷(ぜんこく)・・第5中手指節関節遠位陥凹部

3、後渓(こうけい)・・第5中手指節関節近位陥凹部

4、腕骨(わんこつ)・・第5中手骨底と三角骨の間の陥凹部

5、陽谷(ようこく)・・三角骨の尺骨茎状突起の間の陥凹部

6、養老(ようろう)・・尺骨頭橈側の陥凹部

7、支正(しせい)・・前腕後内側、手首の上5寸

8、小海(しょうかい)・・肘の尺骨神経溝中に取る

9、肩貞(けんてい)・・肩関節の後下方、腋の上方1寸

10、臑兪(じゅゆ)・・腋の上方で、肩甲棘の下方陥凹部

11、天宗(てんそう)・・肩甲下窩の陥凹部

12、秉風(へいふう)・・肩甲棘中点の上方

13、曲垣(きょくえん)・・肩甲棘内端の上方陥凹部

14、肩外兪(けんがいゆ)・・T1の高さで後正中線の外方3寸

15、肩中兪(けんちゅうゆ)・・C7の高さで、後正中線の外方2寸

16、天窓(てんそう)・・甲状軟骨上縁の高さで、胸鎖乳突筋の後縁

17、天容(てんよう)・・下顎骨の後方、胸鎖乳突筋の前方陥凹部

18、顴髎(けんりょう)・・目尻の直下、頬骨下方の陥凹部

19、聴宮(ちょうきゅう)・・耳珠と下顎骨の間

 

 特に、耳鳴り・難聴や腕の痛み腕骨リウマチには養老胸痛や肩コリ天宗耳疾患聴宮がよく使われます。

 

 

まとめ

経絡の流れを知って経穴を使うとより効果を発揮しやすくなります。局部の症状に対する経穴とその流れで反応の出ている経穴を使うとより治療効果は高まります

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/09/27-028191.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

乗り物酔いもこれでバッチリ!

  乗り物酔いしやすい人におススメの内関(ないかん)というツボをご紹介します。...

万能のツボ合谷(ごうこく)

  左右どちらの手でもかまいませんが、人差し指の骨と、親指の骨を手首の方向に向...


ツボ押しで夏バテを防ぐ

  夏になると肌トラブルになったり、食欲がなくなったり、エアコンで冷えたりと体...

心臓病には左の少海を

  心臓の病を持っている人は左の少海(しょうかい)が少し触れるだけでも痛がるこ...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る