カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合調症になりやすい子どもとは?

メンタル

統合調症になりやすい子どもとは?

将来統合失調症になる子どもは、しょっちゅういじめられている子かというと、必ずしもそうではありません。

すでに巧みに目立たない術を心得ているからでしょうか?

 

むしろ、小学校から中学のはじめにかけては、優等生、トップであることが多いようです。
確かに統合失調症を患う方の中には、学生時代に酷いイジメにあったという方もいますが、そういう方はごく一部です。

逆に有名大学出身者が多く見受けられます。ご家族も同様です。

 

たとえば、クラス委員に選ばれる事は、どうも精神健康を悪くするイメージがあります。1番も追いかければ良い2番以下よりも精神健康によくありません。

もしなってしまったら、せめて親は喜んで大騒ぎしないことをお勧めします。喜んで騒ぐ事で、余計に子どもを追い込むことになるからです。

 

一般に家族との関係が良いと、子どもは6歳ぐらいまでは親にまとわりついています。

そしてそれ以後は独立行動を好んで親をうるさがることが多くなります。

あまり関係がしっかりしていないと、それまでは一人遊びをしていても、小学校に入るごろからかえって親から遠くに行けなくなる傾向にあります。

 

◆子どもの叱り方について◆

 

① したことを叱って、本人の人柄をけなさないこと。


② 同じことを一度に何度も繰り返していわないこと。


③ 他人(だれそれさん)を引き合いに出さないこと。


④ すぐに自分の思うとおりにさせようと思わないこと。

 

……以上のことが大切です。

 

なお、大泣きした子は15分くらいは泣き続けるのですから、15分は静かに待ってみるようにすると良いです。15分後以内に「泣き止みなさい」「置いていくよ」と言うと、火に油を注ぐようにいつまでも泣き続けます。


もちろん、理屈に合った要求は受け入れることが大事ですし、そうでもないものに関しては気持ちを汲むことが大事なります。

 

これはあくまでも参考にしていただければよいことで、こうしなかったからといって、その子が必ず統合失調症になるというものではありません。

 

かく言う私自身は、かなり当てはまるポイントが多いのですが、救いは親の叱り方が良かったことにあるような気がします。


あくまでも臨床で経験している上での感想を交えた精神学的一般論です。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

統合失調症が多い国地域

  日本の統合失調症の罹患率は約0.85%でおよそ120人に1人がかかる計算に...

モンスター・ファミリーに泣かされる医療業界

子どもの教育について、過剰な反応を見せて学校や教育委員会に乗り込むモンスター...


妄想が現れる?統合失調感情障害(分裂感情障害)の病識

ここでは妄想や幻聴がでてくる精神病のひとつ、統合失調感情障害(分裂感情障害)に...

統合失調症患者は幻聴や妄想が好き?

  統合失調症患者の幻聴は投薬やカウンセリングなどの治療によって消失していきま...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る