カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 子どもが下痢の時に処方される薬はどんなものがあるの?

育児

子どもが下痢の時に処方される薬はどんなものがあるの?

子どもが下痢をして病院を受診した時に処方される薬をまとめました。

 

どんな時に薬が処方されるの?

乳幼児のお腹のトラブルには水分補給や消化の良い離乳食など、家庭でのケアが大切と言われています。

 

あまりひどくない時には、薬を使わずに治ることもあります。下痢止めや吐き気止めを飲むのは水様便が何度も出たり、嘔吐が止まらないなど、脱水症の心配もある重症のケースです。

 

強力な下痢止めは赤ちゃんにはあまり処方されません。

 

処方される薬はどんなものがあるの?

下痢止めによく使われる収れん薬は、腸の粘膜に張りついて、水分が腸から水もれするのを防いでくれます。

 

整腸薬は、腸の動きを抑えたり原因菌へ直接作用するものや、有害な細菌を抑えてビフィズス菌などを増やしてくれる働きがあります。

 

アドソルビン

腸の中の余分な水分やガスを取り込んで、体外に出す収れん薬。続けすぎると便秘になることがあるので、下痢が止まったら薬もやめます。

 

ガランターゼ

生まれつき、または消化不良や風邪などで、一時的にミルクに含まれる乳頭を分解する酵素が不足して下痢をした時に処方される乳糖分解酵素薬です。

 

ロペミン

腸の蠕動運動や水分や電解質が腸内に分泌するのを抑えて、下痢を止めてくれます。細菌性の下痢の時や、6ヶ月未満の赤ちゃんには処方されません。

 

ラックビー

ビフィズス菌を主成分とする整腸薬。

 

腸内の有害な細菌を殺したり、活動を抑えて胃腸の調子を整え、下痢を穏やかにしてくれます。副作用がほとんどない穏やかな利き目です。

 

薬が処方されたときは、医師や薬剤師に薬の使用方法や保存期間や副作用について必ず確認しましょう。

 

また、薬の保管は、高温多湿の場所は避けて、ふたつきの缶や密閉容器、ビニール袋などに乾燥剤と一緒にいれて、涼しい場所に保管してください。また、子供の手の届かない所へ保管しましょう。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

赤ちゃんにかゆそうで赤い発疹が!!じんましんっていったいなに?

じんましんときくと、急に出てすぐに収まると考えがちですが、慢性的なものもあるの...

その下痢は食中毒かも?!子どもが細菌性胃腸炎(食中毒)になったら

この季節は細菌性胃腸炎(食中毒)の予防が必要ですね。特に抵抗力の弱い幼児のた...

ホームケアの体験談

マッサージ× 綿棒刺激× 便秘薬△ 治らない赤ちゃんの便秘

長女に続き、三女が生まれながらにして便秘体質でした。 長女は綿棒刺激でなんとか出ていたのですが、三...

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る