カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 症状 >
  6. 痛風発作の前兆症状

生活習慣病

痛風発作の前兆症状

 

痛風発作の特徴として「突然の激痛」に襲われるというものがあります。痛風発作を発症したほとんどの人は夜中突然足に激痛を感じ、痛風だと気づくケースが多いです。しかし、中には痛風の前兆とも言えるような症状を感じる人もいるようです。

 

 

痛風の前兆

痛風の前兆症状は、痛風発作の症状と同様、足に感じる人が多いようです。はじめて痛風発作を経験する場合にはあまりないようですが、2回目、3回目と何度か痛風発作を繰り返している場合に前兆を感じられることがあるようです。

関節がムズムズする

関節がピリピリする

歩くと足の裏が痛い

足の親指の付け根がなんとなく痛い

違和感がある

コブのようなものができた

重圧感がある

など、人によって症状はまちまちです。

 

前兆症状が出たらどうする?

病院で薬を処方してもらうことも出来ますが、まず気にするべきは生活習慣です。前兆症状が出たということは尿酸の結晶がかなり体にたまっているということです。つまり何かのきっかけで痛風発作が起こるギリギリのところにいます。そのため、痛風発作発症の引き金をひかない様にすることが大切です。

具体的にどうするかといえば、やはり食事やストレスなどによって尿酸値が上がらないように気を付けることが重要です。痛風発作は尿酸値の上昇を背景として発症します。そのため、

ストレスをためこまない

激しい運動をしない

食べ過ぎない

飲み過ぎない

血の巡りを悪くしない

などの事に気をつけなければなりません。

 

 

痛風発作の前兆を感じた後、痛風発作が発症しないように気をつけることで発作が起こらなかったとしても、体内の尿酸の結晶がなくなったわけではありません。結局は根本的な治療をすることが必要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/27-028191.php?category=33])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

高齢の発症率が高い!偽痛風と痛風って、どんな症状の違いがあるの?

「関節が痛い!これって痛風!?」と痛風のような症状が見られても、尿酸値の上昇...

本当に注意したいのは合併症!併発したらどんな症状が起こる?何に気をつける?

  「痛風=痛い」というイメージはありませんか?実際に病名に「痛い」の文字が入...


痛風を引き起こす高尿酸血症も合併症も症状がほとんどない!だから大事な病気への意識

  痛風は生活習慣病のひとつです。生活習慣病は老化も含め、食生活、運動習慣、肥...

いきなり激痛!初めて起こる痛風発作ってどんな症状なの?最初の痛風発作の共通点

  激痛がいきなり起こったら、それが何によって起こっている激痛なのか即座に判断...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る