カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. 寝転がってるだけでOK?!背中の楽々ストレッチ

健康診断・健康管理

寝転がってるだけでOK?!背中の楽々ストレッチ

 

 疲れを取るためにはストレッチをしなければいけない、と思っていても疲れている時にストレッチをするのは面倒くさくないですか?

仕事が忙しかった日ほど体への負担は大きかったはずなので、その分ゆっくりストレッチをすればいいのだと分かっていても、その元気が湧いてこない事ってありますね。

 

そんな時にお勧めなのが、寝転がってるだけで出来る背中のストレッチです。

 

 

骨盤チェック

まずは貴方の骨盤が後傾してるか前傾してるかをチェックします。

壁に背中を当てて真っすぐに立ってみて下さい。

 

○腰と壁の間がピッタリと隙間のない人は骨盤後傾タイプです。

 

○腰と壁の間にこぶしがスッポリ入るような人は骨盤前傾タイプです。

 

 

 骨盤後傾タイプのストレッチ

 バスタオルを二枚用意します。どちらも2~3回折りたたみます。折りたたむ回数は体格や後傾具合によって違いますので調整して下さい。

 

仰向けに寝転がり、腰のところ首の後ろにタオルを入れます。

気持ちいいか痛気持ちいいくらいのタオルの厚みに調整して下さい。

 

そのまま2~5分ほど深呼吸をします。

ゆっくりと背骨のカーブが正常に戻っていきます。

 

 

骨盤前傾タイプのストレッチ

骨盤後傾タイプの人と同様にタオルを用意します。

 

仰向けに寝転がり、首の後ろ胸腰部(腰椎から胸椎への移行部)にタオルを入れます。

 

 そのまま2~5分ほど深呼吸をします。

 

 

まとめ

ストレッチを始めてから神経が反応し筋肉が緩むまでに必要な時間は、力が抜けてから90秒はかかります。

ゆっくりと深呼吸をして力を抜いた状態を作りましょう。

 

このストレッチは痛いのを我慢して伸ばす事は無く、ただ寝る前に背中の下にタオルを入れて寝転がるだけです。

疲れて帰った時にも無理せずできて、次の日の朝に楽になるのでお勧めです。

  

(Photo by://www.ashinari.com/2011/06/25-037162.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

背中ストレッチの注意点

  ダイエットや凝り解消、あるいは健康維持の目的でストレッチを習慣にしている人...

肩こり改善♪ちょっとした時間にすぐできる!すっきり背中ストレッチ法 ★図解イラストあり

  肩こりというのは肩の筋肉を酷使しただけで起きるものではありません。もちろん...


首や肩甲骨に負担をかける「猫背」の解消ストレッチでこり解消

  スマートフォンやパソコンを見る機会も多い昨今、気づかないうちに猫背の姿勢が...

オフィスでも簡単に出来る!頭を抱える・肩を回す、2種類のストレッチでカンタン☆肩こり解消

肩こりは、オフィスで働く人間にとっては、宿命ともいえるつらい存在です。毎日パソ...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る