カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. テニスボールで背中をピンポイントストレッチ

健康診断・健康管理

テニスボールで背中をピンポイントストレッチ

ストレッチをしても中々効果が感じられないので、三日坊主で終わってしまうという方は多いのではないのでしょうか?ストレッチの効果を感じづらい理由の一つに、筋肉の性質とコリのでき方の関係があります。

 

筋肉の性質 

筋肉はゴムのように伸び縮みします。例えばゴムに結び目を作って伸ばしてみてはどうでしょうか?結び目の前後はよく伸びるかも知れませんが、結び目自体はほとんど伸びないはずです。この結び目と言うのが筋肉内にできたコリです。

 

通常のストレッチではコリの部分が伸びないために、いつまでたっても痛みや疲労が抜けずにストレッチの効果を感じられません。

 

つまり、コリが形成されている場合には全体的に漫然と筋肉を伸ばすのではなく、コリをしっかり伸ばすようなアプローチ方法が必要になります。それこそがテニスボールを使ったピンポイントストレッチです。

 

ピンポイントストレッチのやり方

1、靴下の中にテニスボールを入れます。

2、仰向けに寝転がり、背中の下にテニスボールを入れます。 

3、靴下を引っ張って背中の気持ちいいか痛気持ちいい個所に当たるように調整します。

4、そのままゆっくり60~120秒深呼吸をしましょう。気持ちいい感じが無くなってきたら成功です。

 

※力が入ってしまう程痛くならないように気をつけましょう。あまり強過ぎる刺激は、後で逆に痛くなる可能性があります。

 

※ボールはテニスボールでなくてもかまいません。大きさや材質は体格や筋肉の固さによって、自分にあったものを選びましょう。 

 

 

ピンポイントストレッチは、通常のストレッチでは伸ばしくいコリを直接伸ばすことができます。 効果も感じやすいので、今までストレッチが苦手だった人にもお勧めです。  

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

背中ストレッチの注意点

  ダイエットや凝り解消、あるいは健康維持の目的でストレッチを習慣にしている人...

背中から腰に掛けてのストレッチ

  背中から腰にかけての筋肉は人が活動するときの支えになる部分です。歩くときは...


首や肩甲骨に負担をかける「猫背」の解消ストレッチでこり解消

  スマートフォンやパソコンを見る機会も多い昨今、気づかないうちに猫背の姿勢が...

腕の位置を変えて、効果的な肩甲骨ストレッチ!

  日本人女性の9割以上が肩コリを感じている、あるいは肩こりに苦しんだ事が...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る