カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 症状 >
  5. 変形性膝関節症の痛みは早めに診断!

関節痛・腰痛

変形性膝関節症の痛みは早めに診断!

 

 

【変形性関節症は二通りある】

 

変形性関節症はどの部位によっても、加齢や肥満などの要因で起こる一次性関節症と、病気やけがなどの要因で起こる二次性関節症とがあります。変形性関節症の多くは一次性関節症で、二次性関節症は生まれつきなどの関節異常によって区別されるのです。

 

【変形性膝関節症で感じる痛み】

 

変形性膝関節症は初期段階の場合には痛みをともなうことはほとんどありません。しかし、症状が悪化してくると痛みだけでなくしびれも起こるようになります。軟骨がすり減り、直接骨と骨が摩擦し合うようになると滑膜と呼ばれる関節部位に炎症が起こり痛みを発します。

変形性膝関節症の場合、

 

・階段の昇り降り

・座っている状態から立ちあがった時

・歩き始める時

・正座をした時

・椅子に座ろうとした時

 

などの動作を行う時に痛みを感じやすくなります。

 

【腫れを伴い、動作が困難になる】

 

滑膜の炎症によって、骨と骨の間にある関節液のバランスが失われ、排出できずに貯まり過ぎて腫れが起こります。正常な時の関節液は粘り気のあるものですが、この腫れによって貯まる関節液は粘度が失われるので、一般的に「膝に水が貯まる」と表現されることもあります。この腫れを生じると、正座はもちろんできず、膝の曲げ伸ばしさえも困難な状態になります。

 

【骨にトゲ?変形した骨が慢性的な痛みとなる】

 

軟骨のすり減りによって軟骨そのものが硬くなってしまったり、負担のかかっていない位置に骨を作ってしまう骨棘(こつきょく)という尖った骨ができ、その尖った部分が痛みを感じさせます。また、症状が進行すると関節を動かした時に痛みとともに異音が出ることもあります。

 

【膝の痛みを感じたら?】

 

膝は人が一日のうちかなり負担のかかる関節のひとつです。そのため、激しいスポーツをする人、運動不足で肥満の人、加齢とともに足腰の衰えが気になる人は特に変形性膝関節症には注意が必要です。この症状は進行するばかりで完治させることが難しいため、放置してしまうと将来的には杖がないと歩けない、歩行器がないと歩けないなどの状態になります。しかし、その進行を遅らせることはできるので、専門医のもとで適切な治療を受けられることをおすすめします。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/31-375842.php])

著者: lulaさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

変形性関節症の症状~関節では何が起こっているか?

  変形性関節症の症状は、いくつかの段階を経て少しずつ悪化します。 進行...

実はあなたも発症してる?!変形性関節症

  普段の生活の中で、立ち上がろうとしたとき、階段を上るとき下りるとき、急に膝...


若い人にも多い変形性足関節症とは?

  足の変形性関節症といえば、膝に起こる変形性膝関節症が代表的ですが、最近...

気をつけたい、女性に多い手指の変形性関節症

変形性関節症だけでなく、病気には性別によってかかりやすいものとそうでないもの...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る