カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 基準 >
  6. 痛風の原因の一つ「尿酸」尿酸値の目安って?

生活習慣病

痛風の原因の一つ「尿酸」尿酸値の目安って?

 

痛風の原因として尿酸があります。この尿酸が体内にあること自体は自然の事で、通常、体内でつくられた尿酸は代謝によって体外に排出されます。しかし、排出しきれない分の尿酸が体内に残ってしまうことがあります。この尿酸の量が痛風の一つの目安になります。 

 

 

血清尿酸値は7が目安

血中の尿酸値が7mg/L(つまり1L中に7mgの尿酸がある)を超えると高尿素血症と診断されます。名前がつくと新しい病気のように感じますが、高尿素血症とはつまり血中の尿酸値が異常に高いということをあらわしているだけです。なぜ7mg/Lを基準にして考えるかというと、血中の尿酸が7mg/Lを越えると尿酸が結晶になってしまうためです。この結晶が関節などにたまって痛風独自の激痛を引き起こすため、7mg/Lを一つの目安として考えています。

 

7をこえたからすぐに痛風ではない

血清尿酸値が7mg/Lをこえたからと言ってすぐに痛風と診断されて治療を始めなければいけないわけではありません。実際に痛風発作の症状がなくて、7mg/Lを少しこえている程度であれば病院での薬物治療ではなく生活習慣の改善やサプリメントの服用などによって値を下げてくことが多いようです。

 

1回の検査ではわからない

血中の尿酸値は値が変動しやすいため、食べ過ぎた次の日に検査をすると尿酸値が高かったということはよくあります。そのため、尿酸値が高いと判断するには複数回尿酸値を測定することがあります。

 

 

人間ドックや健康診断で行う血液検査で、尿酸値の高い人は医師に「痛風に気をつけてください」とくぎを刺されるはずです。自分の尿酸値いくつなのかそのときにしっかりと見ておきましょう。7mg/Lをこえていたら黄色信号と知っているだけで、危機感の持ち方が変わるはずです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基準に関する記事

関節が痛い!それは本当に痛風ですか?間違えやすい病気と症状

足の親指の付け根が痛くなったら痛風。そんなふうに思っていませんか? 初めての痛...

尿酸値は血中だけではなく、尿中の尿酸値も調べる!高尿酸原因特定のための尿中尿酸検査とは

  痛風であるかどうかの評価は、様々な検査を通して行われます。 痛風と言うと...


痛風の診断基準

多くの場合、痛風であるかどうかを診断するには「痛風の診断基準」を用います。痛風...

風がふいても痛い?その「痛風発作」はいつまで続くの?!

痛風とは、風がふいても痛いことから、名づけられたともいわれる病気です。  ...

カラダノートひろば

基準の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る