カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 基準 >
  6. 痛風とリウマチを区別する判断基準

生活習慣病

痛風とリウマチを区別する判断基準

 

痛風の症状とリウマチの症状は非常によく似ていて、症状からだけでは、どちらの病気なのか判断がつきにくい場合が多々あります。その上、症状の傾向性はあれど、実際に発症した場合の症状が一般的に言われる症状と必ず一致するとは限りません。

 

もしかしたら自分が発症した症状は特別な場合かもしれませんから、細かい知識があるとより正確に判断ができるようになります。

 

関節性リウマチ

関節性リウマチは痛風に間違えられやすい病気とされていますが、痛風に関してきちんとした知識があれば、そう間違えるものでもありません。痛風と関節性リウマチの最もわかりやすい違いは、症状が出る場所です。

 

・左右対称の関節の腫れ、痛み

・複数関節に同時に症状

・痛みが継続する

 

痛風の症状は左右どちらかの一か所だけにあらわれることが多いですし、痛みは数日でおさまってしまいます。そのため関節性リウマチとの区別はつきやすいでしょう。

 

回帰性リウマチ

こちらのリウマチの方が、痛風と混同しやすい病気です。回帰性リウマチとは発作的に関節炎を繰り返す病気です。症状も以下のように痛風とよく似ています。

 

・関節の痛み・腫れ

・痛みは痛風ほどではない

・数日で痛みは消え、一定の期間で痛みを繰り返す

・複数箇所に同時に症状

 

回帰性リウマチの場合痛風と違って関節が変形することもないですし、もちろん尿酸値も正常の範囲内です。しかしやはり複数箇所に同時に症状が出るところは関節性リウマチと同じです。

 

決め手は関節の発赤

痛風の診断に用いられる、アメリカ・リウマチ協会が提案した痛風診断基準の中にもあるのですが、痛風の症状の一つに「関節が赤く腫れる」症状があります。

 

この症状は痛風とリウマチを区別するのに欠かせないもので、リウマチの場合は、患部が赤く腫れあがることはないのだそうです。臨床の場においては、関節の発赤が痛風とリウマチの区別として使われているようです。

 

リウマチと痛風の違いで症状があらわれる箇所が複数か単体かでも区別できますが、痛風の患部が必ずしも一か所にしかあらわれないわけではないので、そこでも判断がしづらいのが現状です。

(Photo by: [//free.gatag.net/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基準に関する記事

痛風の原因の一つ「尿酸」尿酸値の目安って?

  痛風の原因として尿酸があります。この尿酸が体内にあること自体は自然の事で、通...

尿酸値は血中だけではなく、尿中の尿酸値も調べる!高尿酸原因特定のための尿中尿酸検査とは

  痛風であるかどうかの評価は、様々な検査を通して行われます。 痛風と言うと...


痛風とは切り離せない「尿酸値」…この尿酸値の検査ってどうやるの?

  毎年健康診断を受けている人は、自分の尿酸値がどれくらいなのか把握できると思...

急に痛みが出る?徐々に進行していく?6種類にわけられる偽痛風の基礎知識

偽痛風と一言で言っても、分ければいくつかの種類に分けられます。偽痛風自体は関...

カラダノートひろば

基準の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る