カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 薬物療法 >
  5. 薬の種類 >
  6. 痛風発作の痛みを鎮めるには?!

生活習慣病

痛風発作の痛みを鎮めるには?!

 

まさに今、痛風発作が起こっていて、耐え難い痛みに耐えているときは、非ステロイド系抗炎症薬を用いて痛風発作の痛みを抑えます。この抗炎症薬は口から服用する薬の他、座薬、湿布薬などいろいろな種類があります。

 

 

非ステロイド系抗炎症薬

ナプロキセン

ジクロフェナクナトリウム

インドメタシン

フェンブフェン

ロキソニン

医師の処方によって異なりますが、主に処方される抗炎症薬はこれらのようなものです。これらの薬によって、痛風で引き起こされる痛みや炎症を対処的に緩和します。この中には手軽に薬局で購入できる薬もあります。しかし、副作用の可能性もありますから必ず医師との相談が必要です。

 

非ステロイド系抗炎症薬はまれに胃腸障害を引き起こすことがあります。そういった場合は座薬で投与するなどの方法もとれますし、座薬の方が吸収力が高く、よく効くのだそうです。

 

 

抗炎症薬として有名なアスピリンは×

抗炎症薬としてよく知られているのがアスピリンです。しかし抗炎症薬というだけでアスピリンを勝手に服用してはいけません。なぜならばアスピリンは尿酸値をあげる作用があるからです。そのため発作の痛みがさらに激しくなったり、痛みが続く期間が長くなる可能性がありますので注意しましょう。特に市販薬の鎮静剤にはアスピリン系の薬が多く、危険ですので自分の判断で市販の薬を服用しないことが賢明です。

 

 

痛風発作の痛みを軽減する非ステロイド系抗炎症薬には、種類がいくつもありますので、医師との相談の元、自分の症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/28-376734.php?category=12])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬の種類に関する記事

初めての痛風!痛風の診察と薬物療法の流れ

ある日突然足の親指の付け根が歩けないほどに痛くなる。それが痛風発作です。痛風...

血清尿酸値を下げるための薬~通風を治すアロプリノール~

           痛風の原因となる尿酸は、プリン体を代謝する過程で最終的...


尿酸値を下げる薬は2種類

  痛風発作を繰り返す場合、尿酸値に関わらず尿酸値を下げる薬の投薬治療が必要に...

発作の痛みをなくすために…痛風発作に処方される薬「非ステロイド」と「ステロイド」について

  高尿酸血症が長期間持続すると、関節に尿酸塩結晶が析出します。この結晶が関節...

カラダノートひろば

薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る