カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 基礎知識 >
  5. 高齢者が骨折しやすい理由って?

介護・認知症

高齢者が骨折しやすい理由って?

65歳以上の高齢者が転倒事故を起こす確率は、年間10~20%。そのうちの10~15%が骨折に至ります。高齢者が骨折する理由を挙げます。

  

運動能力の低下

身体機能全般が低下し、特に歩行が不安定になります。歩幅が小さく、足をスムーズに前に出しにくいので、つんのめるように歩きがちです。

 

足を高く上げる筋力が衰えて、両足の接地時間が長い「すり足歩行」が見られ、小さな段差や平らな場所でも容易につまずいてしまいます。

 

運動能力が維持されていれば、つまずいても足を踏ん張って持ちこたえる、バランスを取る、とっさにどこかにつかまるといった反応ができます。しかし、反応が鈍くなったり運動能力が低下していると、少しつまずいただけでそのまま転倒してしまいます。

 

転倒時も、衝撃を和らげるような「受け身」の体勢を素早くとることが難しく、無防備な体勢のまま勢いよく倒れ込んでしまうため、衝撃が大きくなります。体の柔軟性、バランス能力、俊敏性、筋力が落ちている高齢者ほど転倒しやすく、転倒した時のケガも大きくなります。

 

骨がもろい

同じくらいの衝撃を受けても、骨折する人としない人がいます。これは、骨密度をはじめとした骨の強度が違うからです。

 

骨密度とは、骨の中のミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)含有量を単位面積当たりで数値化したものです。若年の成人の骨密度を100%とした時、80%以上なら正常、70%以下では骨折しやすくなります。

 

骨がもろくなると、骨粗鬆症という状態になります。骨粗鬆症の年齢別発症率は、女性では50代後半から、男性は70代以降増加します。75歳になると、女性の約半数、男性の約2割が骨粗鬆症です。 

 

高齢者は無防備な体勢で転びやすく、骨密度が低下して骨がもろくなっているために骨折しやすいと考えられます。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

お年寄りは要注意!咳による疲労骨折とは

あまりにも咳がひどいときには胸が痛くなるという方もいます。咳をするたびに胸が...

高齢者の骨折治療~様々な治療法~

骨折した際の治療法は、骨折の部位と骨折の状態によってことなります。   ...


高齢者の骨折~基礎知識を知ろう

高齢者の骨折の特徴をまとめました。    寝たきりにつながる可能性も 調査によ...

高齢者の骨折原因は転倒!転んでしまう原因って何?

  高齢者の骨折は、加齢や骨粗しょう症などによる骨密度の低下に加え、転倒などの...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る