カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 足が痛い!!となったら何科?尿酸値は変動する?

生活習慣病

足が痛い!!となったら何科?尿酸値は変動する?

 

痛風発作を発症した時、その激痛に多くの人が驚くのではないでしょうか。痛風発作は多くの場合は足の親指の付け根に起こります。その他、足首やくるぶし、ひざ関節やかかとなどに起こり、まれに手首やひじに症状が出ることもあります。痛風発作が起こったときは患部が赤く腫れ、熱を持って激しく痛みます。さて、これらの症状を見たときに何科に行くのが正しいでしょうか?

 

 

最初は整形外科?

関節の痛みや、赤く腫れあがる症状を見ると整形外科を受診する人が多いようです。確かに痛風に関しての知識がなく、これらの症状だけで判断するには整形外科がベストだと思います。というのも、これらの痛みが実際に痛風かどうかは、すでに痛風を患っていて、何度か発作を経験した人でなければ分からないからです。「骨をキリで刺しているような痛み」とも言いますから、もしかしたら本当に骨に異常があるのかもしれないのです。それを調べてもらうためにも、最初は整形外科でみてもらってもよいかもしれません。

 

本当は内科

痛風は代謝の病気ですので、内科を受診するのが正解です。痛風であると判断されるには血液検査を行う必要があります。痛風歴が長い人は内分泌系の内科やリウマチ科で治療を受けているケースもあるようです。

 

 

整形外科での処置はあくまでも外科的です。痛風の痛みの根源は体の中にありますし、一度発症すると長期間の治療を医師とともに行っていく必要がありますので、内科で長期的に治療してもらうことになります。

 

尿酸値は変動する?

病院で痛風と診断されるには医師の問診と、血液採取による尿酸値の測定がされます。

 

 

尿酸値は変動する

尿酸値は状況によってかなり変動します。尿酸値に影響を与えるのは年齢や性別、その日の体調や生活環境などです。また、プリン体の多いものを摂取した後、お酒を大量に飲んだ後、ストレスの状況下にいたとき、激しく体を動かしたときなどは一時的に尿酸値が高くなります。さらに、アスピリンなどの抗炎症薬や利尿薬を服用していても尿酸値は変動します。

 

尿酸値の決定はその日に行われない

上記のように数日単位で尿酸値はかなり変動します。1日単位で見ると小さく変動していますが、1週間や1ヶ月の単位で比較すると非常に大きく変動します。そのため、尿酸値の測定は一度の採血で行わず、日を改めて数回測定するのが一般的です。だいたいは日を変えて同じ時間に3回ほどきて測定し、測定した値の平均値を尿酸値とするのが一般的です。

 

血清尿酸値測定について

血清中の尿酸の量を測定するために、採血した血液を自動成分分析器にかけて血清を分離させます。現在は多くが高機能の測定器を使用しているため、検査はごく短時間で終了します。

測定機にかけた血液は分離され、血清中の尿酸の量を測定します。採取した血液を試験管に入れてしばらくおくと、濃い色の沈澱部分と、薄い色の上澄み液にわかれます。この上澄み液を血清と言い、この成分を調べることで尿酸の値を出します。

 

 

健康診断などでもラーメンを食べた次の日に血液検査をしたために、尿酸値が高かったということはよくあります。数回通院するという面倒はありますが、痛風診断のためには時間を割いて受けるべき検査です。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛風に関する記事

痛風予防に良いもの、気をつけるものとは 無酸素運動やクエン酸の効果、注意が必要な市販薬とは?

  過労によるストレスや過度な無酸素運動が痛風の原因にもなり得る!   痛...

痛風だって外食したい!!高尿酸血症・痛風の人の外食の選び方・コンビニ食でも食事療法

  食事に気を付けなければならないと言われる高尿酸血症・痛風ですが、いつも...


痛風を判断基準する基準 ~間違えやすい病気や症状、尿酸値の検査の基準など~

  痛風の症状とリウマチの症状は非常によく似ていて、症状からだけでは、どちらの...

痛風の人が注意したい!NGな食べ物3選!

  痛風の原因は一般的に尿酸値の高さ、同時に尿酸に代謝されるプリン体の大量...

カラダノートひろば

痛風の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る