カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. 痛風予防にストレス性格の改善

生活習慣病

痛風予防にストレス性格の改善

 

元々ストレスというのは生活習慣病の原因になりやすいもので、痛風もその例にもれません。痛風発作という足や手の関節などが急に痛む症状は、ストレスをきっかけにして発症することも少なくないのです。

 

 

ストレスをためることがどうしてよくないのか?

痛風の原因は体内の尿酸値が高くなることです。ストレスを強く感じると、自律神経の交感神経が強く働くようになります。この状態は心身にとって非常にエネルギーを必要とする状態ですので、体はもっとエネルギーを生み出そうと代謝を活発にします。すると体内に尿酸がたくさん産出されてしまうということが一つ原因としてあります。

また、ストレスによって体調がくずれると、内臓の働きも悪くなります。これが腎機能に影響を及ぼしてしまうと、腎臓から体外に排出されるはずの尿酸がうまく排出されず、体内に残ることとなり、体内の尿酸値が高くなってしまうのです。

 

ストレス解消を心がける

そこで、痛風になりやすい人はストレスをためないようにする普段からの心がけが大切になってきます。

軽い運動をする/適度な休みを取る/趣味に没頭する

など普段から自分に効果的なストレスの解消方法を見つけておくことで痛風の危険を低減できます。ただし、やけ食いをしたり、深酒をするなどのストレス解消方法は逆に痛風の危険を高めますから避けましょう

 

 

痛風を発症する人が多い年代は、ちょうど会社や家庭などで責任や心配事を抱えやすい時期にあります。ストレスは痛風のみならず、多くの病気の元になるものですから、自分に効果のあるストレス解消法を日ごろから研究しておくのもよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/15-016963.php?category=33])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

あなたが将来痛風にかかるかどうかは遺伝子次第?痛風の遺伝子検査

親兄弟に痛風既往歴のある方がいると、もしかすると自分も痛風になるかなと心配に...

痛風患者の約半数は肥満体型?!気を付けたい食生活とは?

  痛風の可能性があると言われている人たちのほとんどがいわゆる中年の男性で、肥...


痛風予防にクエン酸!

  クエン酸というと、最近は洗剤に含まれる成分というイメージが強いのではないで...

痛風予防にコーヒー

  痛風を予防しようとすると食事制限や体重管理など、それ自体がストレスになりそ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る