カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. 痛風予防7か条

生活習慣病

痛風予防7か条

 

痛風は生活習慣病です。そのため、普段の生活習慣を改善することが痛風の一番の予防となります。

 

 

痛風予防7か条

その1 食事

食事はバランスの良い食事をこころがけましょう。理想は和食で、普段の食事が欧米化しているという人は痛風の危険が高まります。今現在肥満体型であるという人はカロリー制限をしてもよいです。

 

その2 間食

スナック菓子は脂分も多いため控えた方が賢明です。間食に適しているのは果物や乳製品で、特に乳製品は継続して摂取すると痛風予防に効果があります。

 

その3 水分

汗をかいて体内の水分が減ると、それだけ尿が濃くなり自然と痛風の原因である尿酸値も上がります。夏場やスポーツの後、入浴後の体は水分不足の状態ですので必ず水分をとるようにします。意外と気をつけなければいけないのは初夏の6で、汗をかく季節になってきているのに水分補給の意識がまだ薄い時期ですので水分摂取を意識的に行いましょう。できれば1日当たり1.52Lの水分を取るのが理想です。

 

その4 アルコール

よくビールに含まれるプリン体が痛風によくないと言われますが、アルコール自体に肝臓での尿酸の生産を加速させる上、尿酸を排出する機能を低下させる作用があります。

 

その5 プリン体

プリン体が多い食品は体内で尿酸を増加させますので控えましょう。連続して食べることが特に危険です。

 

その6 ストレス

ストレスによって腎機能が低下し、尿酸の排出が滞ります。

 

その7 運動

適度な運動はストレス解消にも良いですし、痛風患者に多い肥満解消にもなります。激しい運動は避け、じんわりと汗をかく程度の運動を心がけましょう。

 

 

痛風は命に関わる病気を合併することもありますので、予防の段階で力をいれるのが理想です。一度発症してしまうと病院で診察を受けなければなりませんので、痛風の可能性のある人はぜひ予防に力を入れてください。  

   

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/11/05-352406.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

厳しい食事制限は嫌!好きなものを食べたい!忙しい!そんな人の痛風予防には『サプリメント』もおすすめ

  食生活がどんどんと豊かになり、食の選択肢も増えてきた現代では、痛風患者は増...

痛風に鍼灸治療と食事療法!

   痛風とは、プリン体の代謝異常によって血中の尿酸が過剰に増加して、尿酸...


痛風が心配…それでもビールは飲みたい!

痛風は怖いけれども暑い夏にはビールが飲みたくなりますよね。どうしたら美味しく...

痛風の原因「ストレス」…でも簡単にできないストレス管理…そんな時こそ基本を抑える!

  痛風を発症する人の多くは男性です。特にバリバリ働いている世代に多く見られ、...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る