カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. 痛風予防にクエン酸!

生活習慣病

痛風予防にクエン酸!

 

クエン酸というと、最近は洗剤に含まれる成分というイメージが強いのではないでしょうか?クエン酸というのはお酢、梅、柑橘系の果物など、酸っぱい系の食べ物に含まれる酸味成分です。酸味は疲労回復効果があるとされていますが、実際人の体に効果があるのはそれだけではありません。

 

 

クエン酸の効果

疲労回復(体を弱酸性にする)

抗酸化作用

血液をサラサラにする

肝機能を高める

痛風を発症している人は高脂血症を併発する恐れもあり、余分なコレステロールによって血液がドロドロになりがちですから、血液をサラサラにしてくれるというのはおさえておきたいですね。薬の副作用によって影響を受ける恐れのある肝機能を高めてくれることも嬉しい効果です。ただ、ここでは一番上の働きに注目します。

 

痛風の原因である尿酸は尿に溶けて体外に排出されます。しかし、尿酸は尿を酸性にしてしまいます。それによって、尿酸が溶ければ溶けるほど尿酸が溶けにくくなるという現象が起きます。ここで登場するのがクエン酸で、クエン酸は強酸性を弱酸性に中和してくれる働きがあります。クエン酸で弱酸性になった尿であれば尿酸が溶けやすくなり、体外に排出され、痛風予防に役立ちます。

 

ちなみにクエン酸は「酸」とつきますが、クエン酸が分解されると尿はアルカリ性になります。実際に臨床の場でも処方される尿のアルカリ化薬にもクエン酸ナトリウムやクエン酸カルシウムといったものが含まれています。

 

 

予防的にクエン酸を摂取していて、尿酸値が下がったと効果を実感する人は多いようです。飲料で摂取も出来ますし、タブレットなどの形でもありますし、何より普通の生活の中でお酢などから摂取することもできますので、気軽に実践できるのではないでしょうか。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/12-016790.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

痛風の原因になるプリン体を知って予防に!どんな食品に多いの?どんな食品に少ないの?

  生活習慣病とは近年できた言葉ですが、その名のとおり、生活習慣から来る病気で...

意外な盲点かも!!尿酸値が高い人は、発作予防のために「市販薬」にも気をつけて!

  ビールを手に取るとき、「プリン体0」のビールを選んでいますか?普段から水分...


激しい運動で痛風に!?

  運動をしているというと健康にはよいことのように思われるかもしれません。しか...

痛風予防にコーヒー

  痛風を予防しようとすると食事制限や体重管理など、それ自体がストレスになりそ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る